WZR-G54 ルータ機能無効(ブリッジモード) 

ルータが既にあるのに、こちらのWZR-G54無線ルータを追加してしまい、今まで開放出来ていたポートが開放出来なくなった、プレイステーション3のNATタイプが3になってしまった等でお困りの方はこちらの手順を参照しWZR-G54のルータ機能を無効にしてください。(何故ルータ機能を無効にするのかの原因に付きましては、二重ルータ環境にあることが原因です。)

作業に当たる前の注意事項。まず本当に二重ルータ環境なのかどうかを確認下さい。(二重ルータ確認方法を参照)またルータ機能を無効にするとバッファローの設定画面が表示出来なくなるとお問い合わせをよく頂きます。この場合ポート開放よくある質問を参照の上解決下さい。

無線ルータのブリッジモードの設定手順

パソコンからエアーステーションの設定画面を開きます。こちらを参照

次に開いた設定画面の右下「アドバンスド」設定を選択します。

表示されたアドバンスド設定画面の左メニュー
LAN設定メニューからLANポート メニューを選択してください。下図と同じ画面が出ましたら次を参照下さい。

ブリッジモードの設定項目説明です

設定する項目は赤い枠のみになります。

設定する値は、接続別ルータによって範囲が異なります。ここではNTTルータとCTUルータに繋いでいる場合の例二つを掲載させて頂きますが、もしも異なるルータであればルータのメーカー名及び型番を調べてルータ設定BBSまでご相談願います。

スポンサーリンク

NTTルータの場合

IPアドレス:192.168.1.100 (この指定したIPアドレスがバッファロールータへのアクセスIPとなりますのでお控え下さい)

サブネットマスク:255.255.255.0

DHCPサーバー機能:使用しないにチェックを入れます。

最後に設定ボタンをクリックして下さい。次にバッファロールータのモデムのLAN配線を繋ぎ変えて作業完了です

スポンサーリンク

CTUルータの場合

他の設定サンプル

IPアドレス:192.168.24.100 (この指定したIPアドレスがバッファロールータへのアクセスIPとなりますのでお控え下さい)

サブネットマスク:255.255.255.0

以上の様に設定します。その上で、バッファロールータとモデムのLANケーブルを繋ぎ変えます。

WANと言うコネクタ(WANポート)にモデムからのLANケーブルが接続されているので、それを抜いて1番コネクタ(1番ポート)に繋ぎ変えてください。その上でパソコンを再起動すればブリッジ作業完了になります。後は必ずパソコンのIPアドレスやその他家庭用インターネット接続対応機器をIPアドレスを自動取得に変更になっているかを確認しそれぞれ再起動させて下さい。

WZR-G54のブリッジモードを元のルータモードに戻したい場合

もしもブリッジモードでインターネット接続が出る場合は以下の手順でルータモードに戻してください。またルータモードに戻した場合は192.168.11.1がバッファロールータの設定画面表示アドレスになりますのでご注意下さい。

初期化手順、無線LANを初期化します。初期化ボタンを三秒以上押し続けると初期化されます

その上で、モデムから無線LANに接続されているLANケーブルをWANコネクタに繋ぎ変えます。作業が出来ましたらパソコンを再起動し作業完了になります。

どうしても出来ない場合は、こちらの無線LANアクセスポイント
に買い替え下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする