Aterm WR8500N ブリッジモードの設定の説明

元々ルータタイプのモデムに無線機能を追加をお考えてAterm WR8500Nをネットワークに追加した場合、二重ルータ環境となりポート開放を含むインターネットコンテンツを含むサービスを正常に利用する事が出来なくなる場合があります。

これらを解決するには、WR8500Nのルータ機能を停止頂いて、もともとのシングルルータ(一つのルータ)環境へと移行すれば改善する事が出来る場合があります。特にポート開放が正しく設定できない場合、このWR8500Nをブリッジモードへ変更いただく事で接続元にあるモデムもしくはルータへ設定する事で

強制APスイッチでブリッジモードに変更頂いた場合、WR8500Nの設定画面表示ルールが変更されるのでご注意下さい。

設定画面表示アドレスは以下の通りになります。

スポンサーリンク

NTT・アッカネットワークス回線の場合:http://192.168.1.211/

フレッツ光プレミアムの場合:http://192.168.24.211/

YAHOOの場合:http://192.168.3.211/

イーアクセス:http://192.168.0.211/

設定手順は簡単です

1,WR8500N無線本体の電源をOFF

2,機器のランプ類のある後ろ側LANケーブルが差し込まれている箇所に強制APスイッチがあるので、アクセスポイント側に切り替えて頂くのみです。(何らかの理由でルータモードに変更する場合は元に戻します。)

3,電源を入れて頂いてACTIVEランプが橙点灯で作業完了です。

4,パソコンや接続しているネットワーク機器の電源OFF/ONで再起動して取得アドレスを更新下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする