WLBAR-11のWAN側IPアドレス固定

フレッツ光プレミアムのCTUルータにWLBAR-11を接続して二重ルータとなってしまった場合のポート開放説明です。

通常はWAN側IPの固定を行う場合は固定グローバルIPアドレスを取得した場合のみに使用するのですが、フレッツ関係でDHCP払い出しとローカルIPを登録しないとポートが開放出来ない場合の特殊説明です。

スポンサーリンク

WLBAR-11の設定画面を表示

設定手順の説明

ますコレガルータの設定画面を表示します。

http://192.168.1.1/ のアドレスをInternetExplorerのアドレス欄に入力しEnterキーを押すとログイン画面が表示されます。

ユーザー名に root

パスワード 空欄(何も入力しません)

を入力しOKをクリック。

設定画面が表示されましたら、まずBAR-11のマックアドレスを確認し控えてください。

ルータメニューのステータスメニューをクリックします。

表示されたステータス画面でWAN項目にある「詳細」ボタンをクリックします。

詳細情報にMACアドレスがあります。図ではxxとありますが、通常は英語と数字混在の番号が記載されているのでそちらをお控え下さい。マックアドレスを控えましたら「終了」ボタンをクリックしてください。

WAN側IPアドレスを固定します

スポンサーリンク

マックアドレスを控えましたら、次にIPアドレスを固定します。

ルータメニューのWANをクリックします。

表示されたWAN側設定の接続タイプ項目をクリックしDHCP/固定IPを選択し「次へ」をクリックします。

固定IP設定の説明です。

ホスト名とドメイン名は空欄にして下さい。

IPアドレスメニューにある固定IPアドレスをクリックしてチェックを入れ、ルータのIPを固定します。

IPアドレス:192 168 24 51 としてください。もし万が一接続できなくなった場合は
192 168 24 52 としてください。

サブネットマスク:255 255 255 0

ゲートウェイ:192 168 24 1

次にDNS項目にある優先DNSサーバーにチェックを入れ 192 168 24 1 と入力し「保存」をクリックしてください。

以上の設定が完了出来ましたらCTUにDHCP払い出し設定を行い、開放したいポート番号をそのまま開放設定してください。

次にパソコンのIPアドレスを確認し、コレガルータにDMZ設定を行って下さい。

後はXPやVISTAのファイヤーウォール設定等の変更を行う事でポートを開く事が出来ます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする