CG-WLBARGSF ポート開放

フレッツ光等のNTT回線を契約時にレンタルされるCG-WLBARGSF WLCB54GSFのポート開放設手順の説明です。

開放するポート番号や、プロトコルの種類は予め利用するソフト(アプリケーション)のヘルプ等を参照の上ご確認下さい。

また開放する前に、パソコンのIPアドレスをご確認下さい。

以下の手順で正しく開放出来ない場合は二重ルータの可能性があります、念の為WAN側IPアドレスを確認下さい。二重ルータに該当する場合は元のルータ型番を確認頂いてルータ設定BBSへご連絡頂けましたら改善策を案内させて頂くことが出来ると思います。

任天堂Wiiの方はDMZの設定ページを参照下さい。

設定手順の説明

まずコレガルータの設定画面を表示します。

http://192.168.1.1/ のアドレスをInternetExplorerのアドレス欄に入力しEnterキーを押すとログイン画面が表示されます。

ユーザー名に root

パスワード 空欄(何も入力しません)

を入力しOKをクリック。

設定画面が表示されましたら、詳細設定からバーチャルサーバを表示してください。

スポンサーリンク

バーチャルサーバ画面が開きましたら以下の様に設定します。図の開放設定サンプルはプロトコルTCP 開放番号8000 ここを個別のアプリケーションの設定値に変更してそれぞれ設定下さい。

1、プロパティにある有効項目をクリックしてチェックを入れ、その横に任意の名称(例:port)を英語で入力します。

2、接続先を選択項目をクリックして開放するパソコン名もしくはパソコンのIPアドレスを選択してください。

3、プロトコルはアプリケーションが指定するものを選択します。不明の場合はTCPを選択下さい。

4、入力ポート開放したいポート番号

5、出力ポート番号上の入力した番号と同じものを入力します。

入力できましたら、追加ボタンをクリックして設定完了です。

説明は以上です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする