スポンサーリンク

ADSLモデム SV2のポート開放

フレッツADSL関連でレンタルされるルータ機能内蔵モデムでの、個別ポート開放設定又はDMZ(仮想グローバルIP通信)設定の説明です。
設定前に、開放したいパソコンのIPアドレスを確認又はローカルIPアドレスを固定設定してください。
その他特殊な環境説明
SV2にバッファロールータを繋いだ二重ルータのポート開放説明
ポート開放の注意点
ルータ側に設定はもちろんですが、パソコン側にもファイヤーウォールと言う不正アクセス制限を行うサービスが存在する場合があります。特にWindowsXPやVISTA、その他パソコンウイルス対策ソフト等を別途導入されている方はこれらのファイヤーウォール設定解除も併せて行う必要があります
ルータの設定画面表示
InternetExplorerに以下のアドレスを入力しEnterキーを押してください。
http://ntt.setup/ 又は http://192.168.1.1/
ログイン画面が表示されるので、ユーザー名及びパスワードにuserと入力してログインします。

接続先を確認
ルータの設定画面が表示出来ましたら、まずアクティブな接続先(有効な接続先)を確認します。
ルータ左側にあるメニューの機器状態・ログメニューを選択するとアクティブな接続先を確認できます。

以下のように接続先***確立と言う接続先番号を確認ください。

次にパケットフィルタの設定を変更します
パケットフィルタ設定を選択し、開いた画面の外部装置から開始されるTCPセッションを遮断と言う項目にチェックが入っている場合はチェックをはずして設定ボタンを選択してルータを一旦再起動してください。再起動できましたら、再度ログインしてポート開放作業を行います。

SV/SV2の静的NAT設定
静的NAT設定メニューを選択し開いた以下の右側画面で設定を行います。
個別開放は5番目以降をクリックして設定します。
WEBサーバ関連の設定は1・2・3へ運営したいサーバのIPアドレスを指定して設定ください。

個別開放設定のサンプル
優先順位:1から99まで指定可能です。1がもっとも優先される設定となるので一番最初の設定は1とすると良いでしょう
接続先名:冒頭で確認したアクティブな接続先を指定してください。
宛先IPアドレス:開放するパソコンのIPアドレス
変換対象IPアドレス:自分のADSL側IPアドレスを選択してください。
対象変換プロトコル:TCP又はUDPを選択
対象変換ポート番号:開放したいポート番号です。広範囲に指定する場合は例:1000-2000 ハイフンを入れることで1000から2000まですべて開放出来るようになります。
入力できましたら設定ボタンを選択し、再起動確認画面が表示されましたら画面の指示に従ってルータを再起動下さい。ルータが再起動すれば作業完了です。

ポートを全部開放したい場合
個別開放設定で正しく開かない場合や、アプリケーションで何番のポート番号を開くのかが不明な場合は仮想グローバルIP通信DMZ設定にパソコンのIPアドレスを指定してポートを全て開くことが出来ます。
DMZ設定は個別開放作業と同じ静的NAT設定より行います。以下図にあるNO4を使用します。

外部からのパケットを全て特定ホストに中継する(DMZ)のチェックボックスにチェックを入れ、ポート全開にするパソコンのIPアドレス又は機器のアドレスを入力して設定ボタンを選択しルータを再起動すれば作業完了です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました