NTT-ME BA8000 Pro ポート開放

ntt-meのBA8000Proルータのポート開放説明です

ポートを開放するのに必要なもの

開放するポート番号とパソコンのIPアドレスです。パソコンのIPアドレスはメニューに確認方法の記載があるのでご参照下さい。開放ポート番号はそれぞれのアプリケーション説明を参照下さい。

webサーバー関連で使用するポート番号

プロトコル TCP wwwサーバー(apache等)80 メールサーバーsmtp25 FTPサーバー21になります

コナミオンラインゲーム関係の使用ポート

プロトコル UDP 5730から5739までの間全て

xlinkkai

プロトコル UDP 30000(当サイトの設定説明)

スポンサーリンク

ポートを開放する手順

BA8000の設定画面を開きます。

http://192.168.1.1/

このアドレスをInternetExplorerのアドレス欄に入力しEnterキーを押すとログイン画面が表示されます。

ユーザー名に【 空欄(何も入力しなくていいです) 】

パスワードに【 password 】

を入力しOKをクリック。

※パスワードエラーになる場合は、ユーザーにて任意に変更されたパスワードを入力し再度お試し下さい。

※ページを表示出来ませんのエラーの場合はこちら

設定画面が表示されましたら、上メニューにあるルータ設定からNAPTをクリックしてください。

NAPT設定画面が開きます。

まずアカウント選択項目ですが、通常そのままで構わないですが、念の為接続設定作成アカウント名と同じかを確認。

次にNAPTが必ず有効となっているかを確認し、画面したにある静的IPマスカレード項目に進んで頂いて、静的IPマスカレードの追加をクリックしてポート開放設定情報を入力します。

静的IPマスカレード設定説明

スポンサーリンク

静的IPマスカレードID:1から64まで指定可能。1から順番に優先度が高い

プロトコル:TCP又はUDPを選択。わからない場合はTCP/UDP両方を選択出来ます。

リモートIPアドレス:記号のアスタリスクを入れて下さい。テンキーの9上 「 * 」

リモートポート:記号のアスタリスクを入れて下さい。テンキーの9上 「 * 」

外部IPアドレス:変更しません「WAN側IPアドレス」と指定下さい。

外部IPアドレス入力:入力不要

内部IPアドレス:開放するパソコンのIPアドレス 例:192.168.1.2の場合は図の通りです

内部ポート:外部ポートと同じ番号を選択

内部ポート指定:特に入力する必要はありません。

入力完了出来ましたら「設定」ボタンをクリック

WEBサーバーの設定サンプル

複数個別のポート番号指定のサンプル

番号の間にカンマで区切る事により複数指定する事が可能です。

広範囲で設定する場合

コナミのオンラインゲームホストでのサンプル

冒頭申し上げた通り、プロトコルはUDP 範囲指定の場合はハイフンで指定します 5730-5739

xlinkkaiのポート開放設定例です。

このように設定が反映されれば作業完了です。

後はWindowsXPやVISTAご利用であればファイヤーウォールの例外設定又はノートン・ウイルスバスター等のセキュリティをご利用であればそちらのパーソナルファイヤーウォールの例外設定を行ってください。

説明は以上です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする