プラネックス BLW-54CW3 WAN側IPアドレス確認方法とブリッジモード

プラネックスのBLW-54CW3のWAN側IPアドレス確認の説明です。

確認手順の説明

まずパソコンからルータの設定画面を表示します。表示方法は前のページを参照下さい

管理設定からシステム情報を表示します。図のシステム情報画面のWAN TCP/IP項目にあるIPアドレスがWAN側IPアドレスになります。

もしもここのアドレスが192番から開始される場合は繋いでいるモデムがルータの可能性があります。

もしも上記の事が該当する場合、以下のアドレスを目安に存在するモデム兼用ルータを確認頂くと良いでしょう。

—の部分は2から254までが当てはまり何番でも特に問題ありません

192.168.0.— Aterm系ルータに繋がっています

192.168.3.— YAHOO系ルータに繋がっています

192.168.24.— CTUルータに繋がっています

スポンサーリンク

プラネックスルータと有線で繋がっている元モデムを確認し、間違いなく二重ルータと言うことを確認出来ましたら、このBLW-54CW3をブリッジモードに変更頂いて、確認できたルータでポート開放作業を行なう必要があります。

ブリッジモードに切り替える方法

BLW-54CW3のWPSボタンがある箇所の下に(有線LANケーブル類が差し込まれている側)、図の様にスイッチがあります。

APにスイッチを動かすと、ブリッジモードとして動作します。元のルータモードに戻す場合はRouter側にスイッチを移動させてください。

上記スイッチを切り替えたら、全てのネットワーク機器の電源OFFのあとBLW-54CW3の電源をOFF。10秒程度してから、BLW-54CW3の電源ONを行なってランプ類が正常に点等したかを確認頂いてそれぞれのパソコンもしくは他のネットワーク対応機器のインターネット接続に問題が生じていないかを確認して作業を完了します。

説明は以上です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする