二重ルータ ポート開放 ヒント

ADSLや光回線を契約されて、後から無線LANを追加してしまい二重にルーティングになっているユーザー様へのポート開放ヒントです。

まず殆どのルータだと、二重ルータ環境ではルータの持つIPアドレスがぶつかって繋がらない筈なのですが、、バッファローさんやコレガさんのタイプだと繋がってしまう確立が高くなります。

二重ルータなのかがわからない方はこちらの説明を参照下さい

では、二重ルータ環境になってしまった場合、どのように開放設定を行えば良いのか簡単なヒントを説明させて頂きたいと思います。

例えばよくあるパターンで、元のモデムからパソコンまで距離が有る為、無線機器を追加してインターネットに繋いでいるが、追加した機器が実はルータだった為ポート開放方法がよくわからない。

スポンサーリンク

解決方法のヒント

まず、中継となるルータのWAN側IPを確認します。

※WAN側IPアドレスの確認は、中継する(下図だと真ん中のルータ)ルータの設定画面で確認する事が出来ます。

WAN側IPが192.168.0.2だったとします。

※2、DHCPと言うサービスを利用してWANIPを取得している為、電源をOFFにしたりするとWANIPは変更されてしまう可能性があり、開放したポート設定が上手く働かなくなる可能性があります。その際は、WANIPを固定化又は再確認の上、再設定する必要があります。

スポンサーリンク

■メルコ製ルータWANIP確認方法

■コレガルータWAN確認方法

次に元のモデムにアクセスを行い、先ほど確認した中継機器のIPアドレス192.168.0.2を指定してポート開放設定を行います。ポート番号・及びプロトコル(TCPまたはUDP)はそれぞれ同じ開放したい番号を指定

次に、パソコンに割り当てられたIPアドレスを確認します。

例:192.168.11.2 だったとします。

このIPを中継するルータにポート開放設定を行います。

中継するルータに192.168.11.2を指定してポート開放設定を行います。

ポート番号・及びプロトコル(TCPまたはUDP)はそれぞれ同じ開放したい番号を指定。(一番先頭のルータに設定した同じ番号及びプロトコルです。)


もし万が一どうしても二個のルータ環境にて、通常のインターネット通信が出来ない場合は、ハブと言うものを購入して、二個目のルータに繋ぎかえると不具合を改善しやすくなります。

無線LANを取り付けてから、不具合が発生した場合が

無線LANアクセスポイントに買い替えすると改善します。意味が解らない場合はコレガさんやプラネクスさんバッファローさんIOデータさんに電話問い合わせすると良いと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. codプレイヤー より:

    モデムがpr400miでlanカードが入ってないのですがpcコマンドプロンプトで調べた所192.168.1.1と192.168.2.1の2つのローカルipアドレスがありました、ルーターはエレコムのWRC-F1167ACGなのですがapにした方がいいでしょうか