CG-WLR300NNH DMZ設定

CG-WLR300NNHに繋いでいる任天堂DSやWiiもしくはPSPでポート開放する必要がある場合はDMZに適用する事で簡単にポート開放する事が出来る設定です。またアプリケーションによっては待ち受けポート情報不明な場合もあります、そんな事例がある場合DMZによる仮想グローバルIPアドレス通信を指せることで解決させる事も可能です。

作業前に必ずDMZ指定する端末(ハードウェア)のIPアドレスを確認しておく必要があります。

任天堂DSに付きましては現状確認する術がないので、IPアドレスを固定してから設定頂くか、パソコンにwi-fi無線アダプタを取り付けてパソコンのポート開放を行うか何れかの方法で対応頂く必要があります。

IPアドレスを固定してから設定したい方は以下の様に固定頂いてからルータ電源OFF/ONにして設定頂くと良いでしょう。

IPアドレス:192.168.1.2

サブネットマスク:255.255.255.0

スポンサーリンク

デフォルトルータ(ゲートウェイ):192.168.1.1

DNS:192.168.1.1

スポンサーリンク

DMZの設定手順説明

まずルータの設定画面を表示します。CG-WLR300NNH ポート開放を参照

設定画面が開いたらメニューの「詳細設定」から「DMZ」を選択します。

詳細設定/DMZ設定画面が表示されたら

DMZホスト項目の▲ボタンから、ポートを開くパソコンのIPアドレスを選択します。(例:192.168.1.2)

選択出来たら設定ボタンを選択します。

上記作業が完了したら、2分程度待って頂く事でルータに設定反映されます。その上で通信が改善出来たかをご確認ください。

またこのDMZ設定は、パソコンもしくは家庭用ゲーム機一台のみしか設定できません。例えば任天堂DS(例:192.168.1.2)に割り当てたとして今度はPSP(例:192.168.1.3)にも割り当てする必要が出てきた場合は、面倒ではありますが上記手順から192.168.1.2から192.168.1.3に変更適用して利用時に応じてその都度対応頂く必要があります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする