Wi-Fi WALKER DATA08W ポート開放

auの3G通信とWiMAX両方対応する移動可能な通信式インターネット回線用のルータWi-Fi WALKER DATA08Wのポート開放の説明です。WiMAXは別途契約する必要があります(機器は本体搭載なので別途買う必要はありません)。製造メーカーはファーウェイ(日本公式サイトファーウェイジャパン)購入先はauオンラインショップで購入頂けます。

ワイファイウォーカーの特徴は、最大同時接続台数5台。WAN側(インターネット、ワイドエリアネットワーク側)の通信速度は、(WiMAX通信時下り最大40Mbps、上り最大15.4Mbps)3G通信時は3.1Mbps、上り1.8Mbpsです。またデータ共有機能LAN側NAS機能がありmicrosdカード、micro SDHC対応を内蔵しデータの共有も可能です。無線LANの通信速度はIEEE802.11b/gに対応、802.11bは最大11Mbpsで802.11gは最大54Mbpsです。

物理LANポートはありません。LANケーブル接続させる場合は無線LANコンバータが必要です。

ポート開放設定をご覧になる前に、このブロードバンドルータでiPhoneやAndroidのIP電話skypeやmedia5-fone, AGEphoneが繋がらない場合はUPnPを有効に切り替えてスマートフォン又はタブレットを再起動してみてください。UPnPによる自動ポート開放が開始されIP電話が使えるようになると思います。詳しくはWi-Fi WALKER DATA08W 設定を御覧ください。

スポンサーリンク

準備 IPアドレスを固定します

基本的にはワイヤレスアダプター側になりますので有線LAN接続以外の方は必ずワイヤレスアダプターのIPアドレスを固定して下さい。

IPアドレス:192.168.1.50

サブネットマスク:255.255.255.0

デフォルトゲートウェイ:192.168.1.1

優先DNS:192.168.1.1

代替DNSは空欄

IPアドレスを固定できたら必ずパソコンを再起動下さい。

ポート開放設定の説明

パソコンから設定画面を開きます。DATA08WをUSBケーブルでパソコンにつないでhttp://au.home/のアドレスをブラウザのアドレス欄に入力して開くことができます。以下のログイン画面が表示されますのでユーザー名とパスワードを入力頂くと設定画面を表示する事が出来ます。

ユーザー名は admin

パスワード 本体設定のWEP暗号キー

スポンサーリンク

言語は日本語を選択しログイン

ログイン画面ではなくエラーとなる場合はルータにログインできないページを参照下さい

設定画面が開いたら、設定からファイアウォールからポートマッピングを開きます。

ポートマッピングにポート開放に必要な情報を入力していきます。

ポートマッピング入力項目の説明(左側から下方向に説明です)

  1. 名前:任意、例any
  2. 共通ポート、wwwやftp等一般的なポート設定が登録されています。特に設定しなくても構いません。
  3. LANポートはローカル側ポート(WANポートと同じ番号を指定します)
  4. プロトコルはTCPかUDPを選択BOTH(両方)も指定できます。
  5. ステータスは必ず有効にする必要があります。
  6. WANポートはポート開放する必要があるポート番号です(4のLANポートに同じ番号を指定ください)
  7. LAN側IPアドレスは、ポート開放する機器のIPアドレスです

ポート開放する(エントリ追加)

設定サンプルと致しまして80番サーバ設定例を説明します。ポート開放の練習にANHTTPDサーバソフトを導入し次の設定を作成しポート開放出来るか試してみましょう。

  1. 名前:任意、例http
  2. LANポート80
  3. プロトコルTCP
  4. ステータスは必ず有効
  5. WANポート80
  6. LAN側IPアドレス192.168.1.50(DHCP割り当て範囲外であることが必要です)
  7. 追加
  8. 適用

以上で設定完了です。

LAN側ポートとWAN側ポートを変更してポート変換する方法です。例えばLANサーバは80番動作しているとします。インターネット待受を80番で設定したくない場合は以下のようにします。例えば8080番で待受、機器は80番動作。(UPnPは無効にしなくてはならない)

  1. 名前:任意、例http8080
  2. LANポート80
  3. プロトコルTCP
  4. ステータスは必ず有効
  5. WANポート8080
  6. LAN側IPアドレス192.168.1.50
  7. 追加
  8. 適用

ポートチェック時に8080を指定して成功すれば完了です

備考、ポート開放できない場合はルータのステータス画面でプライベートIPアドレス割り当てとなってないかを確認下さい。例えば10.0.0.2等開始アドレスの先頭が10番等でしたらポート開放できないプライベートIPアドレスとなります。機器の電源OFF/ONでグローバルIPアドレスを取得できているかをご確認してから正しく通信できるををお試しください。(グローバルIPアドレス確認で以下のIPアドレスが一致していいれば取得できていると判断できます。)

確認項目は接続メニューの接続ステータスのIPアドレスです。

その他のクライアント向け説明

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. nanashi より:

    DATA08Wを使用している者です。
    ログインパスワードが間違っているかと思います。
    以下でログインできました。

    ユーザー名:admin

    パスワード:裏蓋を外した場所に書いてあるWEPキー(5桁)