D-link DIR-655 UDPポート開放

D-link DIR-655UDPプロトコルポート開放説明です。

国内では販売はないとは思いますが、もしも海外転勤や出張でD-link DIR-655を使うことがあれば参考にして下さい。

もちろん国内でなくとも、外国にお住まいであってもポート開放すればP2Pで繋がることが可能です。

準備IPアドレスを固定する

IPアドレスを192.168.0.10に固定してPORT FORWARDING画面を表示します。詳しくはD-link DIR-655 ポート開放説明を参照

ポート転送画面が出ましたらコンテンツ別に参照下さい。

xlinkkai UDPポート開放

xlinkkaiですがリンク先を参照しUDP無線LANが用意出来ているか等を確認してから設定下さい。

  1. NAME任意の名称を英文字で入力します。例:kai
  2. IP Address:192.168.0.10
  3. Ports to Open TCPは使わないので空欄
  4. Ports to Open UDP側に30000
  5. Schedule:Always(デフォルトのままで構いません)
  6. Include Filter:Allow All(全ての通信を許可)
  7. 入力できたら左側のチェックボックスにチェックを入れ
  8. Save Settingsボタンをクリック

以上で作業完了です。入力できたら適用次にこちらへジャンプして下さい。

スポンサーリンク

東方緋想天 UDPポート開放

  1. NAME任意の名称を英文字で入力します。例:doujin
  2. IP Address:192.168.0.10
  3. Ports to Open TCPは空欄にします
  4. Ports to Open UDP側は10800
  5. Schedule:Always(デフォルトのままで構いません)
  6. Include Filter:Allow All(全ての通信を許可)
  7. 入力できたら左側のチェックボックスにチェックを入れ
  8. Save Settingsボタンをクリック

入力できたら適用次にこちらへジャンプして下さい。

UDPポート開放チェックをします

次にUDPポート開放チェックを参照し回線チェックツールからxlinkkaiの方は手動ポート30000と変更、東方緋想天の方は手動ポート10800に変更し回線チェック。手動ポート利用可とあればオンラインで楽しむことが出来るようになります。

説明は以上です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする