モバイルWi-Fiルータ 光ポータブル PWR-100D/F UDPポート開放

光ポータブルPWR-100D/FモバイルブロードバンドルータのUDPポート開放と、ポート開放チェックする手順の説明。

注意事項、docomoのデータ通信はポート規制があります。規制対象ポートを開放することは出来ません。詳しくはdocomo データ通信のポート開放が出来ない問題

制限を受けるUDPポートが存在する場合、残念ですがこれを回避することは出来ません、どうしても改善したい場合はイーモバイルかWiMAXへ乗換して対応下さい。

準備としましてIPアドレスを固定します

まずパソコン側のIPアドレスを固定してしまいます。例(VISTA IPアドレスを固定する方法を参照)

IPアドレス:192.168.11.30

サブネットマスク:255.255.255.0

デフォルトゲートウェイ:192.168.11.1

優先DNS:8.8.8.8

代替DNS:8.8.4.4

DNSはGoogleパブリックDNSを設定ですが、プロバイダ指定のDNSでも構いません。

IPアドレスが固定出来たらDWR-PGの設定画面を開いてポート変換設定メニューを表示してください。詳しくはモバイルWi-Fiルータ 光ポータブル PWR-100D/F ポート開放を参照下さい。

東方緋想天 UDPポート開放

  1. 新規追加:touhou
  2. Internet側のIPアドレスは変更しません
  3. プロトコル:任意のUDPポート
  4. 任意のTCP/UDP右側の空欄に10800
  5. LAN側IPアドレスは冒頭固定案内192.168.11.30
  6. 新規追加

入力できたら適用次にこちらへジャンプして下さい。

スポンサーリンク

xlinkkai UDPポート開放

xlinkkaiをプレーする場合必ずアドホック通信用の無線が一つ用意されている必要があります。

もし意味がわからない場合はプレイステーション3を用意すると良いでしょう。ポート開放しなくても簡単にアドホックパーティでPSPを楽しむことが出来ます。

  1. 新規追加:kai
  2. Internet側のIPアドレスは変更しません
  3. プロトコル:任意のUDPポート
  4. 任意のTCP/UDP右側の空欄に30000
  5. LAN側IPアドレスは冒頭固定案内192.168.11.30
  6. 新規追加

以上で作業完了です。入力できたら次にこちらへジャンプして下さい。

UDPポート開放チェックをします

次にUDPポート開放チェックを参照し回線チェックツールからxlinkkaiの方は手動ポート30000と変更、東方緋想天の方は手動ポート10800に変更し回線チェック。手動ポート利用可とあればオンラインで楽しむことが出来るようになります。

説明は以上です。

その他の設定について

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする