DLNA メディアサーバーの設定

DLANの設定とWindowsVISTA及びWindows7メディアサーバー開始時に注意が必要なネットワークの場所(基本的にはポート開放作業になります)についての説明です

注意事項、無線LAN環境でDLNAメディアサーバーを構築する場合は必ず無線暗号化通信を施してサーバをご利用下さい。無線暗号化通信しないままメディアサーバーを稼働させると情報が外に流出する恐れがあります。

無線暗号化の意味が分かららない場合は非常に危険ですので、可能であれば簡単に強固な無線LAN暗号化通信が出来るこちらのセット商品を購入の上暗号化無線LANを構築してください。

準備

WindowsVISTAとWindows7の方は必ずネットワークの場所設定を確認下さい。ネットワークの場所がパブリックネットワークだメディアサーバーへの接続時にファイルを読み込めないトラブルが発生します。

備考:上記とは別に以下のセキュリティを導入している場合はストリーミング出来ない場合があります。詳しくはメーカーへお問い合わせ頂くか、異なるセキュリティをご導入下さい。

  • COMODO製品
  • キングソフト製品
  • ウイルスセキュリティZERO
  • サードパーティ製ファイヤーウォール

メディアプレーヤーの設定

DLNAメディアサーバーとするWindowsのメディアプレーヤーの設定を行います。

WindowsXPの方はWindows Media Player 11 (Windows XP 用) をセットアップ完了しておいてください。

メディアプレーヤー別

スポンサーリンク

Windows Media Player 11 設定

Windows Media Player 11 をDLNAメディアサーバーとして稼働させるには次の設定を行う必要があります。

ライブラリからメディアの共有を選択します。

メディアの共有確認画面が出ます。メディアサーバーとする事を目的とするので他のユーザーが共有しているメディアを検索すると、メディアを共有するのチェックオプションはそのままにして下さい。

メディアサーバーが存在するIPアドレス範囲にあるネットワーククライアントが自動検出されます。不明なデバイスと標示されるのは、PSPやPS3それにiPodやiPadもしくはWi-Fi接続している場合のiPhoneが不明なデバイスとして検出されます。

スポンサーリンク

ここでメディアサーバー内にあるファイルを共有させるネットワーククライアントを(例えばパソコンやPSP等)をクリックして許可します。(注意:誤って不明朗なクライアントに許可するとそれは意図しない第三者のネットワーククライアントの可能性があります、不明なデバイス確認方法から該当のデバイスが許可するクライアントなのかを確認する方法を参照し自己責任で許可して下さい。)

メディアサーバーに接続を許可するネットワーククライアントをクリックして選択し許可からOKボタンで閉じれば、各種DLNAクライアントでメディアサーバへ接続してマルチメディアコンテンツを楽しむことが可能です。

Windows Media Player 12 設定

メディアプレーヤーのストリームからホームグループでのメディアストリーミングを有効にするにチェックをクリックします。備考:もしも以下の画面がない場合はその他のストリーミングオプションから設定出来ます。

ホームグループの共有するファイルを選択するオプション画面が出る場合があります。もし表示されなければこちらメディアストリーミングオプションからご覧ください。

以下の画面が出たらデフォルトのままで構いません、次へを選んでください。

以下のアクセスパスワードが標示されますが、DLAN環境では不要です。ただ、パス名を指定し(例:\\192.168.1.2)ファイル共有フォルダにアクセスする場合に必要になる事もあります(WindowsVISTA、7の場合はアカウント名とパスワードでも共有パスへはアクセス可能)ので念のため控えておいてください。完了を選んで次へ

次のメディアサーバへアクセスを許可する設定画面が標示されます。次の場所にあるデバイスを表示をローカルから全てのネットワークに切り替えてください。

幾つか家庭内にあるDLNA対応ネットワーククライアントが標示されます。パソコン以外は不明なデバイスとして表示されるので不明なデバイス確認方法を参考に自分が使っているPS3やPSPもしくはipodなのかを確認の上許可に切り替えます。(最初から許可の場合はそのままで良いです)

これでDLNA利用できる環境になりましたのでOKボタンで閉じて頂いて作業完了です。

サーバ一覧

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする