最初繋がるが時間が経過すると再起動しないと繋がらない

バッファロールータを使っていて、長い時間放置しているとインターネットに繋がらなくなる問題を解決する手順の説明です。この問題に付きましては二種類あるのでそれぞれ確認してみて下さい。一つは動作モード切り替えスイッチ問題とDHCP問題です。

動作モードスイッチの問題

古いモデルは無いので次のDHCP問題を参照して下さい。比較的新しい20010年前後以降のモデルなら、以下の様にAUTO/OFF/ONのスイッチがあります。AUTOの位置にあると時々ルータモード/ブリッジモードと動作モードが切り替わってしまう恐れがあります。(上流の環境による)

なので、とりあえずポート開放の必要がない場合は、ONの位置に切り替えて二分待ってからパソコン含めてそれぞれの端末を再起動して、通信が安定するかを確認して下さい。スイッチは裏側LANケーブルが差し込まれている場所にあります。

DHCPリース時間による問題

最近ではそうでもないのですが、2005年以前に発売されたバッファローブロードバンドルータの多くのモデルではDHCPリース時間が2時間とか非常に短い時間に設定されていることがあり、これにより長時間放置すると次にインターネットへ繋がらない問題が発生します。

DHCPリース時間て?ルータからパソコンやその他ネットワーククライアント(PS3、PSP、DS、Wii、XBOX含む)に割り当てしているプライベートIPアドレス(LAN側アドレス)を貸出している時間です。

例えば、PS3にバッファローから192.168.11.2のIPアドレスを貸出(割り当て)したとします。DHCPリース時間が2時間だと、二時間オンラインゲームしているとインターネットから切断されてしまいます。

スポンサーリンク

これはIPアドレスが無効化になってしまった事が原因で、PS3を再起動すればまたインターネットに繋いでオンラインゲーム出来るようになるときどき繋がらない現象問題点となります

これを改善するにはDHCPリース時間を長くする事で問題を解決することが可能になります。

もしくは、バッファローが割り当てるIPアドレス範囲(DHCP範囲)以外のプライベートIPアドレスで固定化すれば、つながったり繋がらなかったりの問題は生じることはありません。

DHCPによるIPアドレスリース時間設定変更を行うには以下の手順になります。

Internet/LANメニューを開き、LANを開いてください。DHCPサーバ設定の拡張設定を表示するにチェックを入れます

リース時間の設定を必要に応じて大きくすればこの問題を解決することが出来ます。

最新のファームウェアでは、最大999時間まで設定することが可能です。但し自宅サーバ等の方はDHCP範囲外にIPアドレスを固定する方が望ましいと言えます。

バッファロールータインターネット環境別問題点

  1. フレッツ光フレッツADSL

    NTT提供のフレッツ光、フレッツADSL、それにeo光などPPPoE広帯域接続インターネットで繋がらなく問題

  2. CATVモデムにバッファローを繋いでいる
  3. AOSSで繋がらない

    PSP・PS3・任天堂Wii・DSがAOSSで無線で繋がらない問題

  4. AOSS以外で無線WPSを使う
  5. 最初繋がるが時間が経過すると再起動しないと繋がらない
  6. バッファロールータよくある質問 繋がらなくなるトップに戻る

よくある質問一覧に戻る

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする