HG8045D Wi-Fiのつなぎかた説明

ソネットNUROのホームゲートウェイHG8045D内蔵無線LANにスマートフォンとタブレットとWiiUと3DSとPS4等をWi-Fiでつなぐ手順の説明です。とても簡単なWPS方式にプッシュスタートに対応しているのでNUROインターネットがあるなら自宅のパソコンや無線LAN対応端末をNUROインターネットに繋いで超高速インターネットを楽しもう。もちろん7GB制限など無く動画に音楽等のマルチメディアコンテンツを思う存分楽しめます。

WPSボタンで簡単に繋ぐ

このモデルにはWPSボタンがありそのボタンを長押で自動的にWi-Fi設定を完了できるサービスがあるので下記端末はそれぞれWPS説明を参考にルータの本体で作業下さい。Nexusと新しいAndroidも簡単設定からWPS設定利用可能です。

ルータ本体のWPSボタンは後ろ側にあります。3秒長押しして本体のWPSランプが点滅したら離します。注意リセットボタンと間違えないようにして下さい。

HG8045Dのプッシュスタートボタン

スポンサーリンク

本体に記載のあるSSIDとKEYを確認する

手動でWi-Fi接続させるには、本体に貼り付けしている初期設定シールを確認します。SSIDは2つあるのですが5GHz帯(802.11aまたはnで繋ぐ場合)は末尾-a記載あるSSIDを選択して繋ぎます。それ以外の端末はHG8045D-***の2.4GHz帯に繋ぎます。暗号キー(Wi-Fiパスワード)はkeyの右側に書いてある英数文字8桁が共通キーです。

HG8045DのSSIDとWi-Fiパスワード

  1. Android
  2. PS3
  3. iPhone、iPod、iPad
  4. 無線内蔵パソコンの方は自動設定が出たらプッシュスタートをしてください。なければ手動でキーを入力ください。詳しくはパソコンの無線LAN繋ぎ方を参照下さい。

スマートフォンやタブレットの設定

Androidスマートフォンとタブレットの方は、まず3G通信を切ってしまいます。タブレットの方は無い場合もあります。設定から無線とネットワークを開きモバイルネットワーク設定を開いてデータ通信を有効にするのチェックを外します。

次に無線とネットワークに戻ってWi-Fi右側必ずチェックを入れた状態で、HG8045D***名をタップします。

AndroidのHG8045DSSID選択

パスワードも同様に本体記載のKEYを入力します。こちらで確認した本体の共通キー番号をパスワードに入力すれば繋がります。

説明は以上です。

iOS(iPod iPad Iphone)

iOSをWi-Fiで繋ぐ場合はまずパケット通信(機内モードに切り替えても良いです。)を切ってしまってください。iPhoneを参考

スポンサーリンク

Wi-Fiメニューをタップします。Wi-Fiは必ずオンとしてください。ネットワークを選択と言うメニューにWi-FiネットワークのHG8045D-***名称のSSIDを選択して、こちらで確認したキーをパスワードに入力すれば繋がります。

iosのHG8045DSSID選択

PS3

PS3を無線LANに繋ぐ場合ネットワーク設定からインターネット接続を選んでカスタムから無線を選んで頂いて、検索するを選びます。

利用するアクセスポイントはHG8045D-***になります。選択して右へ。

PS3のHG8045DSSID選択

ここに本体記載の暗号化キーを入力して右へ進んで接続テストを行なってエラーにならなければ作業完了になります。

Wi-Fiがつながらない不安定の場合

HG8045D ポート開放設定の説明を参考にルータの設定画面を開いて次の設定を変更してみてください。

「WLAN」タブを選択し、左側のナビゲーションツリーから「2.4G詳細ネットワーク設定」を開きます。

ここ項目を変更してみてください。補足、5GHz帯は対応端末少なくまたチャンネル干渉も余りないので5GHz帯は変更を加えなくても大丈夫だと思われます。

まず「チャンネル幅」をAuto 20/40MHzを20MHzに切り替えてみてください。802.11n接続を最大300Mbpsとする機能なのですが、20MHzへ切り替えると150Mbps最大速度に落ちますが通信は安定すると思うのでお試し下さい。変更を加えたら必ず適用をクリックして保存して下さい。

それでも通信環境が改善ない場合は次の項目を変更してみてください。

  1. チャンネル「自動」を10か11へ変更
  2. 送信出力100%を50%辺りに変更
  3. モード「802.11b/g/n」を「802.11b」へ変更

注意、802.11bは最大11Mbpsと遅くなるのですがWi-FiAllianceのは802.11bが基準の規格なので安定通信を望めます。

2.4G 詳細ネットワーク設定

SSIDが全く出てこない場合。これは暗号化方式が対応できない端末でこの症状が出ます。なので「WLAN」タブを選択し、左側のナビゲーションツリーから「2.4G基本ネットワーク設定」を開き暗号化方式を変更して頂く必要があります。

手順は

  • 認証方式を「オープン」
  • 暗号化モードを「WEP64」
  • 暗号キーフォーマットはASCIIを指定してください。
  • キー1に12345等の文字を入れ替えて任意にパスワードを設定。
  • 適用をクリックして保存

これでSSIDが出てくると思います。その上で自分で設定したキー1のパスワードを入力すれば繋がるようになると思いますのでお試し下さい。

HG8045Dの暗号化方式変更画面

無線LAN関連とその他の説明

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする