WBR-B11/WBR-G54 ルータ機能無効(ブリッジモード) 

自宅のインターネットに繋ぐモデムに(WBR-B11やWBR-G54)無線LANを追加してしまい、ポートが閉じてしまった等やポート開放を行いがバッファローWBR-B11/WBR-G54のポート開放を行っても開かないトラブルの多くは二重ルータ環境にあることが原因です。

他には、パソコンとは別にプレイステーションでホストを開始出来ない場合やPSPのネットワークゲームに参加できない場合も恐らく二重ルータ環境が原因の可能性があります。

これらの環境は多くのデメリットがあります。もし確認作業を行って二重であればこのブリッジ設定を行えば通信環境を改善する事が出来るのでお試し下さい。

もし二個ルータが存在する場合、確認作業画面で表示された二番目のローカルIPを控えてください。ブリッジモード設定にする場合この二番目に表示されるローカルIPアドレスを元に設定しないと、インターネットに繋がらなくなります。

二番目に表示されるローカルIPアドレスサンプルです。このアドレスの持ち主が元ルータになるます。以下の場合でしたら、192.168.0.1を何かメモに控えます。

スポンサーリンク

無線ルータのブリッジモードの設定手順

エアーステーションの設定画面を開きます。こちらを参照

次に開いた設定画面の右下「アドバンスド」設定を選択します。

表示されたアドバンスド設定画面の左メニュー

LAN設定 メニューから LANポート メニューを選択してください。

下図の様にLANポート設定画面が表示されるので、こちらの方からそれぞれのインターネット回線に併せてブリッジモード設定を行います。

ブリッジモードの設定項目説明です

設定する項目は赤い枠のみになります。

IPアドレス:冒頭二番目に表示されたローカルIPアドレスを元にバッファロールータのIPを指定します。

サブネットマスク:255.255.255.0としてください。

DHCPサーバー機能:使用しないにチェックを入れるとルータ機能は無効になります。

ブリッジモード設定サンプル

スポンサーリンク

冒頭で確認頂いたtracertで確認した二番目のIPが192.168.1.1(フレッツインターネットの方)だった場合以下の様に設定します。

IPアドレス:192.168.1.100 (この指定したIPアドレスがバッファロールータへのアクセスIPとなりますのでお控え下さい)

サブネットマスク:255.255.255.0

DHCPサーバー機能:使用しないにチェックを入れます。

最後に設定ボタンをクリックして下さい。次にバッファロールータのモデムのLAN配線を繋ぎ変えて作業完了です

他の設定サンプル

二番目のIPが192.168.3.1だった場合(YAHOOインターネット)

IPアドレス:192.168.3.100 (この指定したIPアドレスがバッファロールータへのアクセスIPとなりますのでお控え下さい)

サブネットマスク:255.255.255.0

二番目のIPが192.168.0.1(OCN、DION、ソネット、plala、ADSL回線の場合)

IPアドレス:192.168.0.100 (この指定したIPアドレスがバッファロールータへのアクセスIPとなりますのでお控え下さい)

サブネットマスク:255.255.255.0

二番目のIPが192.168.24.1(フレッツ光プレミアム回線の場合)

IPアドレス:192.168.24.100 (この指定したIPアドレスがバッファロールータへのアクセスIPとなりますのでお控え下さい)

サブネットマスク:255.255.255.0

以上の様に設定します。その上で、バッファロールータとモデムのLANケーブルを繋ぎ変えます。

WANと言うコネクタ(WANポート)にモデムからのLANケーブルが接続されているので、それを抜いて1番コネクタ(1番ポート)に繋ぎ変えてください。その上でパソコンを再起動すればブリッジ作業完了になります。

WBR-B11やWBR-G54のブリッジモードを元のルータモードに戻したい場合

無線LANを初期化します。初期化ボタンを三秒以上押し続けると初期化されます

その上で、モデムから無線LANに接続されているLANケーブルをWANコネクタに繋ぎ変えます。作業が出来ましたらパソコンを再起動し作業完了になります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする