ieServer ダイナミックドメイン登録方法

ieServerにてダイナミックドメインを登録する手順の説明です。日本語サイトなので日本語で登録が出来るので手軽にダイナミックドメインを取得する事が可能です、但し、ブロードバンドルータ側で対応するモデルはないので、WAN側IPアドレス変動対策にはDiCEを使う必要があります。

DiCEの使い方よく分からない場合はieServerのトップページから簡単にIPアドレス情報を更新する事が可能です。

ieServer登録手順

ieServerのトップページを開いて左側の新規登録からお申し込み頂けます。

スポンサーリンク

申し込みページを開くと二種類のダイナミックDNS登録サービスがあります。

  1. 以下の利用規約並びに注記事項を理解し、ダイナミックDNSサービス利用を申し込む(SSL・暗号化接続)
  2. 以下の利用規約並びに注記事項を理解し、ダイナミックDNSサービス利用を申し込む(通常接続)

自宅サーバでSSL暗号化通信(https)させる場合意外は2の通常接続をお申し込み下さい。

任意のURLを入力する例

まず左側の空欄(サブドメイン名と言うのですが覚えなくて構いません)をクリックして任意の英数文字で好みの名前を入力します。

次にDDNSの登録を行います

登録された内容別でDiCEへの設定を行なって頂くか登録完了後手動でIPアドレス情報を更新する必要があります。

  1. ユーザー名:サブドメインブになります
  2. ドメイン名:好みのドメイン名を選択出来ます。デフォルトdio.jp
  3. 電子メールアドレスは連絡を受け取るメールアドレス
  4. パスワードは任意のパスワードを設定

入力出来たら登録ボタンをクリック

スポンサーリンク

上記からもしもエラーになる場合例えばユーザー名が既に使用されているとなる場合は、戻るから1版のユーザー名を変更する必要があります。

問題なく登録完了出来たら、登録完了しましたとなります。ログインからIPアドレス情報を更新しておきましょう。(備考:DiCEの設定を行なって更新でも構いません)

以下の方はログイン状態の設定画面です。

直ぐにドメインに自宅ホストを割り当てる場合は、ドメイン名、hogehoge.dip.jpの右側の実行ボタンをクリックすると割り当てする事が出来、外部からURL指定で自宅ホストへアクセスする事が出来ます。

オフライン設定は、自宅ホストへアクセスさせたくない状態の時に実行ボタンをクリック。すると0.0.0.0へ転送されて自宅ホストへのアクセスを遮蔽してくれます。

ユーザー情報更新はメールアドレスやパスワード変更時に作業。

ieServerのDNSをDiCEへ設定

DiCEに設定する場合イベントから追加を選んで次の様に設定します。ieServerに登録した情報を元に説明します

  1. サービス:ieServerを選択
  2. ホスト名は登録時の1番の内容を指定します。
  3. ドメイン名も登録時の2番のドメイン名を指定
  4. ユーザー名は、ホスト名と同じ(登録時の1の内容)
  5. パスワードは登録時4番の内容を入力

入力出来たら保存をクリック。

設定出来たら今すぐ実行を試して、以下のグリーンのチェックになるかをお試し下さい。グリーンのチェックがあれば自動更新可能の状態になります。

説明は以上です

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする