LAN-WH300N/DR WAN側IPアドレスの確認

ロジテックLAN-WH300N/DRと言う無線ブロードバンドルータにポートを開放しても正しく開放されていない場合は二重ルータの可能性があります。二重ルータを確認するにはルータのWAN側IPアドレスを確認する必要があります。よく分からない場合は、良くないネットワーク環境なので出張サポートへ二重ルータ環境の為正しいポート転送が出来るネットワーク環境に改修をご相談下さい。

設定画面を表示します

ポート開放説明を御覧下さい。

設定画面が表示されたらサンプル図の機器のステータスボタンをクリックして下さい。

ステータス画面が出ましたらインターネット接続表にあるIPアドレスがWAN側IPアドレスになります。ここのIPアドレスが192から開始されている場合は(例、192.168.0.2や192.168.1.2等)二重ルータです。ブリッジモード等で対応する必要があるのですが、インターネット切断事故等が多発有るためよく分からない方は出張サポートに相談下さい

スポンサーリンク

例外として、WAN側IPアドレス(上の表にあるIPアドレス)の開始値が172や10等の場合は、マンションインターネットやCATVインターネットのプライベートIPアドレス契約が原因でポート開放出き無い状態です。詳しくはプライベートIPアドレス契約とはを参照下さい。

また、サンプル図と同じ項目にIPアドレスの表示が無い、又は0.0.0.0の場合は上流(WAN)側と繋がってないので、例えばフレッツでPPPoE接続設定を行ってない、CATVモデムに繋いだらそうなる。等の問題であれば次の作業を行なって頂ければインターネットに繋がるようになると思いますのでお試しください。

CATVインターネットで同問題の方は、CATVモデムの電源を20分程度切ってから、電源を投入してみて下さい。フレッツの方はロジテックルータのPPPoE設定説明を参考に接続設定を作ってみて下さい。

ブリッジモード

二重ルータと判明した方は、ルータ本体の裏側にある次のスイッチをAP側に切り替えて下さい。そうすれば二重ルータを改善することが出来ます。ちなみに設定画面を表示出来なくなった方はここのスイッチを一時的にRTに切り替えてもらえれば192.168.2.1へアクセスして設定画面を開くことが出来るようになると思います。

説明は以上です

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする