Linux IPアドレス固定方法

LinuxのローカルIPアドレスを固定する設定の説明です。手順はX window基準に説明させて頂いております。フレッツ光プレミアム以下でポート開放する場合、固定する必要はありません(自動取得で構わないです)。マックアドレスを確認頂いてCTUにDHCP払い出し設定を行って頂く事で固定的にローカルアドレスを割り当てする事が出来ます。

設定手順の説明

Xwindowのデスクトップメニューからシステム設定を選んで頂いてネットワークを選択します

スポンサーリンク

ネットワーク設定画面が表示されるので、起動中と表示のデバイス名を一度クリックして選択し(一つしかない場合は選択しなくても構わないです)、編集メニューを選択して下さい

Linuxネットワーク設定

イーサーネットデバイス(LANアダプタと同じ意味)画面が表示されるので

スポンサーリンク

1 固定のIPアドレス設定にチェックを入れます

2 アドレスを入力します

3 サブネットマスクを入力します。

4 デフォルトゲートウェイアドレスを入力します

設定出来ましたらOKボタンを選択

Linux IPアドレス固定

次にDNSを指定します。元のネットワーク設定画面に戻りましたら、DNSメニューをクリックしてください。

1番目と2番目のDNS参照アドレスを、契約プロバイダのアドレスを入力してください・

ホスト名とDNS検索パス名は変更頂く必要はありません(localhostのままで構わない)

注意:フレッツ光プレミアム(CTU)ご利用の場合、1番目のDNSのみに必ず192.168.24.1を指定下さい。

設定出来ましたら右上のXボタンで閉じてください。

以下のsystem-config-network変更作業完了画面が出ますのでOKボタンを選択頂いて、Linuxを再起動頂くと固定したIPアドレスとなります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする