LAN-WH450N WAN側IPアドレスの確認

ロジテックとエレコムから販売のLAN-EH450N/GR無線ブロードバンドルータの上流にブロードバンドルータが存在しないかの確認手順説明です。

通常WAN側となる場合は必ずグローバルIPアドレスが割り当てされている必要があるのですが、ここで説明のありますWAN側IPアドレス確認時プライベートIPアドレスが割り当てされている場合はLAN-EH450N/GRの上流にルータが存在することが考えられます。なのでポート開放やVPN接続の障害となるのでもしも該当の場合はLAN-EH450N/GRをブリッジモードにして上流ルータへ必要時ポート開放やVPNパススルー許可設定を行って下さい。

設定画面を表示します

LAN-WH450N ポート開放説明を御覧下さい。

設定画面が表示されたらサンプル図の機器のステータスボタンをクリックして下さい。

ステータス画面が出ましたらインターネット接続を開きます。次の様な画面が表示されますのでIPアドレスを確認下さい。

スポンサーリンク

IPアドレスの開始値が192であれば(例:192.168.1.2等)上流にルータが存在する二重ルータ環境もしくはプライベートIPアドレス割り当て契約の可能性があります。

宅内環境にもう一台ルータが有ることが確認出来ればLAN-EH450N/GRをブリッジモードで動作させて頂くことで概ね通信トラブルは改善させることは可能ですが。もしもプライベートIPアドレス割り当ての場合はインターネットのご契約をグローバルIPアドレス割り当て契約へと変更しないと、今発生しているインターネット接続トラブルを改善させることは出来ません。解決方法につきましては詳しくはプライベートIPアドレス契約とはを参照下さい。

インターネットご契約がわからない場合はホスト名を参照してみてください。ホスト名確認

説明は以上です

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする