マイクロリサーチ MR-GM2 DMZ

マイクロリサーチ MR-GM2に繋いでいるPS3やSPVITAそれにWiiU等のポート開放を簡単に出来るDMZ設定手順の説明です。備考、ポートフォワード設定を適用している場合はそちらが優先されますので、もしDMZを摘要する場合はポートフォワード設定を削除して下さい。それから、一部のモバイルデータ通信のご契約内容によっては、ポート開放できないプライベートIPアドレス割り当て契約となりますので、もしも該当する場合はDMZを適用しても通信状況を改善することは出来ません。

設定の準備

DMZを適用するPS3や任天堂Wiiもしくはその他クライアントのIPアドレスを固定して下さい。

IPアドレス:192.168.000.060

サブネットマスク:255.255.255.000

デフォルトルータ(又はゲートウェイ):192.168.000.001

プライマリDNS:192.168.000.001

セカンダリDNS:000.000.000.000

固定できたらインターネットに繋がるかを念の為確認下さい。

スポンサーリンク

DMZを設定する

まずルータの設定画面を開いて下さい。MR-GM2 ポート開放を参照。

スポンサーリンク

設定画面が表示されたら、ファイアウォール設定を開くとツリーメニューの中からDMZホスト設定を開きます。

  1. DMZホスト機能有効にするにチェックを入れます。(チェックを外すと無効化に出来ます。)
  2. 転送先IPアドレス、192.168.0.60
  3. 設定保存

以上で設定完了です。

もしも、DMZを適用してもポート開放できない場合。次の項目を確認して下さい。状態表示を開きます。

状態表示にありますWAN側IPアドレスを調べます。モバイルデータカードの表内にあるIPアドレスがWAN側IPアドレスなのですが。ここが例えば10.0.0.2等、10から始まるIPアドレスを取得している場合はプライベートIPアドレスです。イー・モバイルの場合は接続先プロファイルLTEならem.stdであればem.gbl切り替える 3G通信なら、emb2.ne.jpであればemb.ne.jpに切り替える事で改善はされると思うのですが、こちらのご契約(イーモバイル通信制限情報)の場合はグローバルIPアドレス通信に切り替えることが出来ません。DOCOMOやWiMAXであればその様な事は無いのですが、ソフトバンクとウィルコムは同様に制限が存在する事もあります。

説明は以上です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする