プラネックス MZK-W300NAG WAN側IPアドレス確認

プラネックス無線LAN対応ルータMZK-W300NAGでポート開放出来ない場合や、通信速度が遅い場合等で二重ルータ環境になっていないか確認する手順の説明です。

もしも二重ルータと判明した場合はMZK-W300NAGをブリッジモードと言う動作モードに切り替えて頂いてルータ機能を無効にしてください。そうする事で二重ルータ環境を改善しインターネット接続速度のアップや元ルータへのポート開放で通信トラブルを解決できるようになります。

設定手順の説明

まずルータの設定画面を表示してください。プラネックス MZK-W300NAG ポート開放の説明を参照

まずステータスメニューを開きます。

スポンサーリンク

表示されたメニューのインターネット接続を表示してください。

次の図の確認項目IPアドレスが192番から開始されるIPアドレスの場合二重ルータとなります。

その他特殊な例についてですが、上記IPアドレスが192以外のアドレスで172番や10番から開始されている場合はプライベートIPアドレス割り当てになり、この場合二重ルータではなくインターネット契約自体がポート開放出来ない契約となっております。詳しくはプレイベートIPアドレス契約とはをご覧ください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする