プラネックス MZK-W300NAG ポート開放の説明

プラネックス無線LAN対応ルータMZK-W300NAGのポート開放説明です。

MZK-W300NAGのポート開放注意点としまして、MZK-W300NAGとWAN側またはInternet側のLANポート(LANケーブルを差し込む名称)と繋いでいるモデムにルータ機能がある場合、二重ルータとなります。もしも二重ルータ環境の場合以下の説明を参照してもポート開放できませんのでご注意ください。二重ルータの確認方法はルータのWAN側IPアドレスを確認する事で確認する事ができます。該当する場合はブリッジモードにする方法をご覧ください。

このルータはポート転送(個別ポート転送可能)又はDMZホスト(ポート全開)メニューよりポート開放設定を行います。特殊アプリケーションも同様に機能としてポート転送させる事が出来るのですが、この設定を行うとインターネットに接続できるクライアントが一台のみ限定となるので当サイトでは説明致しません。

ハードウェア別設定

任天堂Wii DS XBOX PSPはDMZ設定を行ってください

プレーステーション3専用設定

プレイステーション3の方はUPnPを無効にしないとポート開放できませんのでご注意ください。

設定前に必ず、ポートを開くパソコンやネットワーク対応機器のIPアドレスを確認し設定下さい。(出来ればIPアドレスは固定化が望ましい)

IPアドレス固定サンプル(VISTAのIPアドレス固定

IPアドレス:192.168.1.10

サブネットマスク:255.255.255.0

デフォルトゲートウェイ:192.168.1.1

DNS:192.168.1.1

スポンサーリンク

設定手順の説明

InternetExplorerアドレスにADSLモデムアドレスを入力してクイック設定WEB画面を開いてください。

アドレス「http://192.168.1.1」

ユーザー名&パスワード入力画面が表示されます。

ユーザー名「 admin 」

スポンサーリンク

パスワード「 password 」

ログイン画面ではなくエラーとなる場合はルータにログインできないページを参照下さい

設定画面が表示されましたら、一般設定をクリックします。

次の画面が表示されたら、左メニューのNATからポート転送を表示してNAT機能有効となっている事を確認下さい。

以下の項目にポート開放するIPアドレスやポート番号を入力します。まずは練習にANHTTPDサーバソフトを導入し次の設定を作成しポート開放出来るか試してみましょう。

まずポート転送を有効にするにチェックを入れます。

ローカルIP:ポート開放したい機器のIPアドレス。冒頭説明した値192.168.1.10を入れてみましょう

タイプ:プロトコルを指定します。不明な場合は両方(BOTH)を指定も可能。

ポート範囲:開放したいポート番号。例としてWEBサーバの80番指定の場合は図の様に入力します。

インターフェースは広帯域接続を作成したインターフェース名を選択

備考:任意の英数を入力下さい。

入力できたら追加ボタンをクリックして適用をクリックで作業完了です

適用をクリックすると次の操作で設定を保存しルータを一度再起動頂く必要があります。

適用から設定を保存しましたが表示されます。

[保存]をクリックするとルータが再起動します。「システムを再起動しています。しばらくお待ちください。」が表示されますので完了するまで1-2分程度まちます。その上で作業完了となるのでポートが開いたかをチェックしてください。

その他設定例としてUDPプロトコルを使うxlinkkia等の設定例

説明は以上です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする