スポンサーリンク

プラネックス MZK-W300NHシリーズ ポート開放の説明

プラネックス無線LAN対応ルータMZK-W300NH PC PUシリーズのポート開放説明です。このルータで設定頂く前に必ず二重ルータ環境ではないかを念の為確認頂いてから設定の程お願い致します。
MZK-W300NH二重ルータ確認方法は、ルータ設定画面のステータスメニューからWANメニューを開き、表示されているIPアドレスの先頭が192であれば二重ルータの可能性が大きいです確認サンプル図。もしも二重ルータの場合、ルータ機能を無効にしたアクセスポイント動作モードへ変更頂いて、元モデム兼ルータにポート開放を行う必要があります。ブリッジモード(アクセスポイントモード)の説明
このルータはセキュリティ設定のローカルサーバ(個別ポート転送可能)又はDMZホスト(ポート全開)メニューよりポート開放設定を行います。
設定前に必ず、ポートを開くパソコンやネットワーク対応機器のIPアドレスを確認し設定下さい。(出来ればIPアドレスは固定化が望ましい)

ルータへのログイン
InternetExplorerアドレスにADSLモデムアドレスを入力してクイック設定WEB画面を開いてください。
アドレス「http://192.168.1.1」
ユーザー名&パスワード入力画面が表示されます。
ユーザー名「 admin 」
パスワード「 password 」
ログイン画面ではなくエラーとなる場合はルータにログインできないページを参照下さい
設定画面が表示されましたら、セキュリティからローカルサーバメニューを選択します。
表示されたローカルサーバ項目に、開放したいプロトコル、ポート番号、IPアドレス情報を入力します。
図のサンプル
3は192.168.1.2の機器をTCPの80番を開放する設定サンプルです
4は192.168.1.10の機器をUDP5730から5739まで広範囲に開く設定サンプルです

上記ローカルサーバ設定項目説明
プロトコル項目からクリックして、TCP又はUDPを選択します
WANポート範囲 開放するポート番号 80番だけであれば図のように80-80とします
サーバIP 開放したいパソコン又はネットワーク対応機器のIPアドレスを入力します
サーバポート範囲 WANポートで指定したポート番号と同じ値を入力します
設定できましたら、有効にチェックを入れて適用ボタンをクリックし作業完了です
DMZの説明
注意:DMZを有効にすると上で説明のローカルサーバ設定は無効化となります。ローカルサーバとDMZ設定は同時利用出来ないので複数ネットワーク機器のポートを転送する必要がある場合、DMZの設定は行わないで下さい
セキュリティメニューからDMZホストメニューを選択します。
有効のチェックボックスにチェックを入れ、右側項目にポート全開にしたいパソコンもしくはネットワーク対応機器のIPアドレスを入力し適用ボタンをクリックで作業完了となります

説明は以上です。

その他の説明、説明書ダウンロード等

コメント

タイトルとURLをコピーしました