VISTA ネットワークアダプタの説明

VISTAのネットワーク接続画面にあるアダプタアイコンの説明です。説明ご案内時によく有線アダプタと無線アダプタの意味がわからず無線で通信しているにも関わらず有線LANアダプタアイコンから作業してしまう場合それとは別に有線と無線アダプタを同じ設定値にしてインターネット接続トラブルが多発しております。まずネットワーク環境を変更や編集、新規作成される場合はネットワークアダプタの意味をよく把握してから作業願います。

ネットワークアダプタの説明

ローカルエリア接続(有線LAN)

有線LANケーブルでモデムやルータに繋ぐネットワークアダプタが実装されている場合に表示されるアイコンです。有線LANケーブルが繋がってない場合(無線LAN通信時)やLANケーブルに異常があると赤いバツマークが付加します。

ワイヤレスネットワーク接続(無線LAN)

このアダプタアイコンは無線LANアダプタがパソコンに実装されているネットワークアダプタアイコンです。赤いバツマークはネットワークに繋がっていない事を意味します。

ブロードバンド接続

インターネットへルータを経由しないで直接接続を可能とするアダプタアイコンです。この設定が存在する場合はIPアドレスを固定設定にしてはいけません。必ず自動取得でなくてはならない。固定するとインターネットへつながらなくなります。またルータ導入した場合はこの設定は削除しなくてはならない。

スポンサーリンク

備考ですが、もしも今はルータがなく以下の様なブロードバンド接続でインターネット通信を行っている場合で将来的にルータを導入された場合は、ルータ側にプロバイダから与えられたインターネット接続用ログインIDとパスワードを設定しルータ側に接続設定を作成し、以下のブロードバンド接続設定は必ず削除下さい。

共有接続

アダプタアイコンに手の絵が付加する状態はWindwosVISTAがルータモードで動作している状況になります。USB無線アダプタをパソコンに取り付けてアクセスポイントとして通信させている場合はこの状態でなくてはならない。

ネットワーク ブリッジ

WindowsXPと動作機能は同じです。

VISTAのネットワークブリッジの構成は以下の様に表示されます。

図の様にグループにある二つのLANアダプタを使って、ネットワークブリッジとしているパソコンのIPアドレス範囲内への通信を可能とするアダプタアイコンです。もしもネットワークブリッジアイコンが存在する場合、IPアドレスの自動取得指示やIPアドレスの固定化案内があった場合はローカルエルア接続やワイヤレスネットワーク接続アイコンから作業するのではなくネットワーク ブリッジのプロパティを開いて設定頂く必要があります。

説明は以上です。ネットワーク接続 (IP自動取得やネット不安定の確認)へ戻る

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする