NEX-fi ストリーミングのポート開放

au携帯電話の無線ブロードバンドルータNEX-fiに繋いでいる環境で問い合わせの多いストリーミングアプリケーションとBitTorrentのポート開放手順の説明です。

準備 IPアドレスを固定する

ポート開放するクライアント(パソコンなど)のIPアドレスを固定します。

IPアドレス:10.10.10.160

サブネットマスク:255.0.0.0

デフォルトゲートウェイ:10.10.10.1

優先DNS:10.10.10.1

代替DNS:空欄で構いません

IPアドレスを固定できたら必ずパソコンを再起動下さい。

スポンサーリンク

設定画面を表示する

au携帯電話ブロードバンドルータ NEX-fi ポート開放説明を参考に設定画面が開いたら、ファイアウォールからポートフォワーディングを開きます。目的のアプリケーション別に設定を参照ください。

torrentポート開放

BitTorrentかμtorrent、BitComet何れも設定手順同じです。手順としましてはBitTorrentポート開放を参照し、自身のパソコンにセットアップされているBitTorrentのポート番号を確認します。ここではtorrentのポート番号を62799として説明します。

  1. 仮想サーバ有効
  2. IPアドレス10.10.10.160
  3. ポートレンジ62799-62799
  4. プロトコルTCP
  5. コメント任意(例、anyやbt)
  6. 設定

QuickTimeStreamingServer

QuickTimeStreamingServerMACOSXで利用出来るストリーミングサーバサービスです。http://ホスト名:1220/へのアクセスで動画関連を配信することが可能になります。DDNSを利用するとドメイン名でサーバへのアクセスを利用することが可能です

スポンサーリンク

  1. 仮想サーバ有効
  2. IPアドレス10.10.10.160
  3. ポートレンジ1220-1220
  4. プロトコルTCP
  5. コメント任意(例、qt等)
  6. 設定

PeerCast

PeerCast IM、PeerCastカスタム版。wmv/ogg音声動画配信を可能とするストリーミングアプリケーション。

  1. 仮想サーバ有効
  2. IPアドレス10.10.10.160
  3. ポートレンジ7144-7144
  4. プロトコルTCP
  5. コメント任意(例、pc等)
  6. 設定

ねとらじ

ねとらじ、ネットラジオ配信出来るサービス。但しDDNS(ダイナミックドメイン)も使う必要があります。ねとらじは自信のパソコンにセットアップしているポート番号を確認して設定頂く必要があります。ねとらじ入門者向け。serverconfigのport項目をご確認下さい。

ここでは、ねとらじポートを8000とします。基本的にウェルノウンポート以外1024-65535までなら任意に設定可能ですがストリーミングサーバが許可しているポートを番号で有ることを確認して下さい。

  1. 仮想サーバ有効
  2. IPアドレス10.10.10.160
  3. ポートレンジ8000-8000
  4. プロトコルTCP
  5. コメント任意(空欄でも良い)
  6. 設定

説明は以上です。サーバ関連のツールになりますのでもしもポートチェックで失敗する場合はサーバ設定が正しく行われていない可能性があるので再構築確認下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする