プラネックス BRL-04FM ポート開放設定

BRL04FM(ロードランナー)と言うADSL/CATV回線対応のルータでのポート開放設定の説明です。

ポート開放設定に必要なもの

  • 設定前に必ず左メニューよりパソコンのIP確認方法を参照下さい。
  • 開放するポート番号の確認、サービス提供サイト様でご確認下さい。

※DMZ設定とは仮想グローバルIPを指定したパソコンに割り当て、ポート全開設定する事が出来ます。

BRL04FM参照マニュアル

設定手順の説明

まずルータへログインし、設定画面を表示します。

InternetExplorerアドレスにADSLモデムアドレスを入力してクイック設定WEB画面を開いてください。

アドレス「http://192.168.1.1

ユーザー名&パスワード入力画面が表示されます。

ユーザー名「 空欄(何も入力しないで下さい) 」

パスワード「 password 」

個別ポート開放のローカルサーバでの設定説明(好みの設定メニューでポートを開く事が出来ます)

アドバンスド設定からローカルサーバメニューを開きます。

ローカルサーバでの設定手順

WEBサーバー関連は予め設定が用意されているので、FTPを公開したい場合はFTPをクリックして有効にするにチェックを入れ更新ボタンで作業完了になります。

サーバ名:好みの名前を入力します。右横にある有効にするには必ずチェック入りかを確認下さい。

スポンサーリンク

ローカルPC:クリックしてパソコンのIPもしくはパソコン名を選択します。パソコン名はWindowsであればマイコンピュータを右クリックのプロパティで確認出来ます。

プロトコル:xlinkkaの場合であればUDP

内部ポート:30000 (何番でもかまいませんがややこしいので外部ポートに合わせてください)

外部ポート:30000 (開きたいポート番号)

入力出来ましたら「追加」をクリックして下さい。

バーチャルコンピュータでポート全開にする方法

開放するポート番号がわからない場合や、どうしても開いてくれない場合はこの設定をお試し下さい。

この設定は他ルータではDMZ設定にあたります。この設定を行うと、指定したパソコンがポートを占有するので、他のパソコンはポート開放を行う事が出来ません。

設定手順の説明

アドバンスドメニューからバーチャルコンピュータを開いてください。

設定手順

有効にするにクリックしてチェックを入れます。(ポート全開を停止する場合はこのチェックを外して「設定」ボタンをクリック)

次にPCを選択項目をクリックし、開きたいパソコンのIPアドレスもしくはパソコン名を選択します。

以上の作業が完了出来ましたら「設定」ボタンをクリックして作業完了です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする