プラネックス無線LANコンバーターのつなぎかた

プラネックス製品の無線LANコンバータのつなぎかたの説明です。そんなに難しくはないのですが、プラネックス製品の多くはブラウザの相性が悪い問題が多く含まれます。なので正しく設定完了出来ない、繋がらない場合は、InternetExplorerかFirefoxで設定を再試行してみて下さい。

準備

コンバータ本体の設定を行う前に、ご自宅にある無線LAN親機のSSID名とパスワードを調べて控えて下さい。幾つかルータ別にサンプルリンク置いておきます。わからない場合、無線機の型番+Wi-Fiつなぎかたで検索すれば調べられると思います。

スポンサーリンク

設定するパソコンが必ずIPアドレスが自動取得(XP IPアドレス自動取得の確認)であることを確認下さい。パソコンをコンバーターのLANポートへ繋ぎます。WANポートへ繋ぐ必要はありません。型番別で少し形状は異なりますが基本設定概念は同じです。備考、昔のコンバータGW-MF54G2等を参考にしてください。

MZK-WG300NX / MZK-W300NH3系列製品は以下の様に設定の準備をして下さい。

MZK-MF300D / MZK-MF300N2系列製品は以下の様に準備をして下さい。

スポンサーリンク

設定画面を表示する

http://mf.setup/又はhttp://192.168.111.249/のアドレスを開き、プラネックスコンバーターの設定画面を開きます。ログイン画面が開いたら、ユーザー名admin、パスワードはpasswordでログインし設定画面を表示することが出来ます。

無線のセットアップを行う

ステータスのセットアップウィザードを開きます。

AP(アクセスポイント)検索ボタンを開きます。

無線LAN親機のSSIDを探して、右側の選択にチェックを入れて、次へ

暗号化方式やパスワードフレーズは自動認識となっていると思いますので、変更不要です。プレシェアードキーに確認した暗号化キーを入力して完了ボタン選んで作業完了です。

上記作業完了したら、IPアドレスが192.168.111←これ.2等3つ目の番号が111では無いことを確認して下さい。後はインターネットにつながれば作業完了です。この状態だとまずいです。コンバーターの設定画面を開いて、DHCPを切ってしまう必要があります。IPアドレス確認方法 XP windows2000

http://192.168.111.249/又はhttp://mf.setup/で再度ログイン出来ると思いますので、ネットワークメニューのDHCPモードを無効に変更して適用。これでIPアドレスが192.168.111.2等から、192.168.1.2や192.168.0.2等、三番目の数字が111以外になっていればコンバータとして問題なく利用でき、インターネットにも繋がります。

説明は以上です。

コンバータのつなぎかた

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする