Aterm WR8600N ポート開放

NEC無線LANルータWR8600Nのポート開放手順の説明です。

WR8600Nの特徴としましては、ギガビットインターネット(au光ギガ、フレッツ光ネクスト、eo光ギガ)には適していません。理由はWAN側インターフェースとLAN側インターフェースはそれぞれ100BASE-TX(100Mbps全二重)の通信速度にしか対応していないからです。今あるインターネット環境で無線LANを増設したい場合に最適

対応する無線規格はIEEE802.11b/g/n/a、無線最大通信速度は300mbps(IEEE802.11nマルチリンク時)となります。

その他の特徴としましては、USBインターフェースを搭載するので、USBフラッシュメモリやUSB外付けHDDで簡単なNASの構築や、ホームIPロケーションサービスを有効化にすることで、USB対応WEBカメラをWR8600Nに繋いで自宅の様子をスマートフォンや外出先のパソコン又は携帯から見ることが出来ます。(簡易ネットワークカメラ機能)

製品をご購入AtermWR8600N[HPモデル] PA-WR8600N-HP

設定の準備

まずポート開放するパソコンやその他クライアントのIPアドレスを固定してしまいます。以下の様にIPアドレスを固定した状態で説明させて頂きます。

IPアドレス:192.168.0.210

サブネットマスク:255.255.255.0

デフォルトゲートウェイ:192.168.0.1

DNS:192.168.0.1

設定完了しましたら、必ずパソコンを再起動してください。

もしも、上記の設定を行ってWEBページが見れなくなった場合、DNSアドレスをプロバイダ指定のDNSに書き換えてください。WEBサイトが見れない

ポート開放の手順説明

以下のアドレスをInternetExplorer等のブラウザアドレス欄に以下の番号を入力されEnterキーを押します。

http://192.168.0.1 又はhttp://web.setup/

以下の様にログイン画面が表示されます

ユーザー名 admin

パスワード **** と何か最初から入っている場合はそのままOKボタンをクリックしてログイン試行下さい。もしも空欄である場合は任意に設定したパスワード又はadminでログイン試行下さい

注)ルータの設定画面が表示出来ないエラーの場合はこちらを参照下さい。

フレッツ又はeo光の方は次のことを確認下さい。ルータの設定画面が表示されたらまず接続先がどの番号で有効になっているかを確認下さい。接続先1が必ず有効であることを確認下さい。もしも接続先2以降に有効な接続先が存在する場合はポートマッピング画面上のプルダウンメニューより接続先を変更頂く必要があります。

スポンサーリンク

次にルータ設定メニューの「詳細設定」から「ポートマッピング設定」をクリックします。

次の画面が開くので、右上追加ボタンを選択します。

注意事項:冒頭接続先1番が未設定の場合、図にある対象インターフェースを選択の接続先1からアクティブな接続先番号に切り替えてから追加を選択してください。

以下のNATエントリ追加の項目に必要な情報を入力します。入力項目の説明は以下の通りです。

  • LAN側ホストはポート開放するパソコンなどの機器のIPアドレスを指定
  • プロトコルはアプリケーション側指定のTCPまたはUDPを選択します
  • プロトコル番号は例えばPPTP着信させる場合は47を指定
  • ポート番号はポート開放したい数値を1-65535までを指定することが出来ます。anyにチェックを入れたままだと1-65535まで全てと言う意味になります。
  • 優先度は1-50までどの設定を優先するのかを指定します。

NATエントリ追加の説明(ポートを開放する)

設定サンプルにWEBサーバの80番ポートを開く設定を作ってみましょう、こちらのANHTTPDがあれば正しくポートが到達するかを確認する事が出来ます。

  • LAN側ホスト:192.168.0.210
  • プロトコル:TCP
  • ポート番号のanyのチェックを外します。「80」-「80」と指定
  • 優先度は1を指定

入力できましたら設定ボタンをクリック。設定が完了したら必ず保存ボタンをクリックしてルータへの設定反映作業を完了してください。エントリチェックし保存を御覧ください

範囲設定連続する又は大きく範囲指定されている場合、例えばFTPサーバで20-21の範囲転送設定を作成する場合は次の様に指定することが出来ます。FTPサーバはBJDを用いることで簡単に構築でします。

  • LAN側ホスト:192.168.0.210
  • プロトコル:TCP
  • ポート番号のanyのチェックを外します。「20」-「21」と指定
  • 優先度は1を指定

入力できましたら設定ボタンをクリック。設定が完了したら必ず保存ボタンをクリックしてルータへの設定反映作業を完了してください。エントリチェックし保存を御覧ください

設定を反映する

設定完了出来ましたら以下の手順で設定をルータに反映させて下さい。

後はパソコン側のファイヤーウォール設定関連の解除もしくは許可設定を行って作業完了です。上サンプルに開放したい任意のポート番号を割り当てれば他のポートも同手順で開放する事が出来ます。

説明は以上です

その他の説明

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする