PSPを使ってバッファロールータにポートを開放

PSPでルータの設定を行う操作や設定一覧

PSPでバッファロールータのポート開放を行う手順の説明です。サンプルとしてMPO(メタルギアソリッド)のポート開放を行いゲームの部屋を作成を可能とする設定を作成する例で説明致します。PSPをまだインターネットに繋いでない方は、PSP インターネット接続をご覧ください。

注意事項:未成年者様は保護者の方同意なしに勝手にルータへアクセスしてはいけません。下手に設定を変更する事でインターネット接続自体出来なくなる恐れがある為。またバッファロールータの型番によっては設定項目や手順が全く異なる場合があります。その場合お手数ですが当サイトにある型番別の説明を参照してください。

まずPSPのIPアドレスを確認してください。(PSPのIPアドレスとマックアドレス確認方法

備考:以下の様にIPアドレスを固定化されて設定頂いても構いません。詳しくはルータ設定BBSまでご質問頂けましたらアドバイスさせて頂きます。

IPアドレス:192.168.11.10

サブネットマスク:255.255.255.0

デフォルトルータ:192.168.11.1

DNS:192.168.11.1

IPアドレス確認または固定完了出来ましたら次にバッファロールータの設定画面を表示してください。PSP ルータの設定画面を開くには

スポンサーリンク

設定画面が出ましたら、PSPのブラウザ表示モードの変更方法を参照し表示モードをジャストフィットに変更してください。

設定画面が表示されたら、ゲームアンドアプリを選択します。

ポート変換画面左側に出るのでここに設定していきます。

まずグループの空欄を選択してください。

文字入力画面に切り替わりますのでmpoを入力しStartボタンを押してください。注意:ここは日本語指定不可です。

mpoと入ったら、図の項目を下の方にスクロールしてください。(フレームページなのでスクロール時注意)

画面下の方へスクロール頂けたら「人のTCP/UDPポート」の項目を選択下さい。

スポンサーリンク

入力画面に切り替わるので、5730-5733と入力しStartを押してください。

図の様に5730-5733と入ったら下の方にスクロールしてください。

スクロール頂いたら次に、LAN側IPアドレスを念の為PSPと同じIPアドレスが記載されているかを確認下さい。例:192.168.11.2(バッファロールータの特徴でここはアクセスしたPSPのIPアドレスが自動入力されます)

さらに画面の下の方へスクロール頂いて新規追加ボタンがあるので○ボタンを押して下さい。

次の再スタートしていますの画面に変わります。完了するまで待ちます

再度ポート変換トップの画面が表示されたらもう一つポート開放設定を作成します。

まずグループ名はmpo2と入力してしまいます。

ポート変換の項目を下の方にスクロールして頂いて任意のTCPポートの項目を選んで○ボタンを押し、表示されたメニューにある任意のUDPポートを選んで○ボタンを押してください。

任意のUDPポートを選んだら直ぐしたの任意のTCP/UDPポートを選んで○ボタンを押して

5730と入力してStartを押します

図の用に5730と入った事を確認し、LAN側IPアドレスがPSPのIPアドレスと同じかを確認し

少し下の方にスクロール頂いて新規追加を選択して○ボタンを押します。

再スタートしていますの画面からポート変換画面に切り替わったら再度したの方にスクロールして正しくルータに設定が作成出来たかを確認して作業完了です。後はMPOを起動して部屋の作成が出来るかを確認して作業完了になります。

説明は以上です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする