ADSL BBユニット PS3/PS4 ポート開放の説明

YAHOOADSL契約時にレンタルされるADSL BBユニットにプレイステーション3を繋いでいてオンライン通信が頻繁に切断される場合(ADSL帯域不安定除く)やフレンドの招待ができない場合はPS3の基本ポートを開放することにより解決することができます。

設定前の注意事項:YAHOOインターネット回線は、グローバルIPアドレスの変動が少なく何らかの理由で通信規制が発生している可能性があります。

もしもポート開放を行っても問題が解決しない場合こちらの手順でグローバルIPアドレスを変更してから改善しないかお試しください。

スポンサーリンク

設定の準備

まずIPアドレスを以下の様に固定してから設定下さい。

IPアドレス:192.168.3.150

サブネットマスク:255.255.255.0

デフォルトルータ:192.168.3.1

DNS:192.168.3.1

上記の様に固定頂けましたら、PS3でインターネットWWWブラウザを開くかプレイステーションストアを見ることができるかを確認下さい。問題なければ次の作業を行います

BBユニットのUPnPプロトコルを無効にしてください。その上でポート開放設定を行って下さい

BBユニットPS3ポート開放説明

まずパソコンからBBユニットの設定画面を表示し詳細設定モードからポート転送設定を表示します。詳しくは前のページを参照ください

またPS3のWWWブラウザからも設定可能です、手順に付きましてはこちら(プレイステーション3 ルータの画面を開く方法)をご覧ください。

まず一つ目、TCPプロトコル80番の設定を図の通りに入力して追加下さい。

二つ目、TCPプロトコルの443番の設定を作成し追加

三つ目、TCPプロトコル5223番の設定を作成し追加

次の設定からはUDPプロトコルになりますお間違えの無いように設定下さい。

スポンサーリンク

四つ目の設定。入力値は範囲設定となります。

WAN側ポート番号「3478」-「3479」と指定し

プロトコルUDPを選択

転送先ポート番号「3478」-「3479」

上記の様に設定することで範囲指定(指定した範囲以内のポート開放設定)とする事ができます。

五つ目の設定、プロトコルUDP3658番の設置を作成し追加してください。

以上で基本ポート開放の設定は完了になります。OKボタンをクリックし、BBユニットを再起動してください。(注意:次の方はさらに追加設定を作成頂く必要があります。コールオブデューティー、メタルギアソリッド、バトルフィールドバッドカンパニーのボイスチャット)

次の説明はコンテンツ別専用ポート開放追加設定です。(上記基本設定に加えて追加作成してください)

COD(コールオブデューティ)

CODの場合以下の設定を一つ追加下さい。

プロトコルUDP

ポート番号は範囲指定となります。

WAN側ポート番号「3074」-「3075」

転送先ポート番号「3074」-「3075」

メタルギアソリッド

メタルギアソリッドの場合TCP側とUDP側2つの設定を追加する必要があります。

まずプロトコルTCP側の設定を追加してください。

ポート番号は範囲指定となります。

WAN側ポート番号「5730」-「5733」

転送先ポート番号「5730」-「5733」

次にプロトコルUDP側の設定を作成します。

ポート番号は範囲指定となります。

WAN側ポート番号「5730」-「5739」

転送先ポート番号「5730」-「5739」

作成できましたら保存をクリックしてBBユニットを再起動下さい。

バトルフィールドバッドカンパニーボイスチャット用のポート開放設定

ボイスチャット専用ポートです。ヘッドセットない方は設定不要です

プロトコルUDPの6000番を追加設定で作業完了です。

説明は以上です

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする