RT-A300SE Wake on Lanの設定説明

RT-A300SEをインターネット側からWake on Lanを行うことができるようする設定です。WOL関連のソフトウェア等使い方に関しましてはWOL Wake on LANの設定とソフトウェアの使い方をご覧ください。

注意:こちらのWOL設定を行ったポート番号に関しましては前のページにあります静的NAT設定へポート開放を行う必要はありません。またこちらに設定するUDPプロトコルポート番号が外部転送優先ポート番号となるので静的NATと重複しない様にご注意ください。

WOL設定手順の説明

RT-A300SEの設定画面を表示してください。表示方法は前のページ説明をご覧ください。

詳細設定項目から高度な設定メニューを表示します。高度な設定メニューにありますWAN→LAN中継機能から設定します。

スポンサーリンク

高度な設定画面中程にあるWAN→LAN中継機能の使用するのチェックボックスにチェックを入れ、接続先はRT-A300SEの初期画面にある有効な接続先を選択します。通常はメインセッションに設定してあると思います。

UDPポートはデフォルト7779番が指定されています。ブロードキャストのポート番号となりますので宛先アドレス等は設定不要です。

設定が完了しましたら、設定ボタンをクリックして作業完了です。

後は外部からグローバルIPアドレス宛てもしくはDDNSサービスを利用し取得ドメイン宛てにWOLツールを使ってブロードキャストする事で外部電源起動させる事が出来るようになります。

説明は以上です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする