ヤマハ RTW65i/65b ポート開放

ヤマハ RTW65i/65b ルータのポート開放説明です

マニュアルを参照するとこのルータはローカルアドレスに対して、頻繁に変動する事があります。

ローカルIPが頻繁に変動する場合は、設定したパソコンのIPアドレスが変動する事になり、その場合ポートは閉鎖してしまいます。

まずは、パソコンのIPを固定してから設定参照下さい。

XPの固定方法はこちら

固定IPサンプル

IPアドレス 192.168.0.10

サブネットマスク 255.255.255..0

デフォルトゲートウェイ 192.168.0.1

DNS 優先のみ 192.168.0.1

以上の様に固定設定されると良いとおもいます。

ポートを開放する手順

まずYAMAHAルータの設定画面を開きます。

http://192.168.0.1/ 又は http://setup.netvolante.jp/

このアドレスをInternetExplorerのアドレス欄に入力しEnterキーを押すとログイン画面が表示されます。

ユーザー名に【 空欄(何も入力しません) 】

パスワードに【 任意に設定したパスワード 】

を入力しOKをクリック。

注)もしパスワード欄に****が入力されていた場合は変更せずにOKをクリックしてログイン試行願います。

※ページを表示出来ませんのエラーの場合はこちら

スポンサーリンク

設定画面が表示されましたら、メニューにある接続設定からプロバイダの接続管理メニューをクリックします。

次に表示された画面の接続先プロバイダ設定名(有効なインターネット接続設定名)の登録の修正をクリックしてください。

次の画面にあるメニューのNAT項目をクリックすると、静的IPマスカレード(ポート開放設定項目)が表示されます。

静的IPマスカレードの説明

まず図の様にクリックしてチェックを入れます。

プロトコル:TCP 又は UDP を選択します。

ポート:開放するポート番号

使用ホストIPアドレス:パソコンのIPアドレス 例 192.168.0.10

入力できましたら「登録」ボタンをクリックし作業完了です。

説明は以上です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする