RV-230SE Wake on Lanの設定説明

RV-230SEに繋いでいるパソコンをインターネット側からWake on Lanを行う設定手順の説明です。もしも説明する設定項目が無い場合ルータのファームウェアを最新バージョンにアップデートする必要があります。

注意:二重ルータ環境やPCIバスからコントロール以外のUSB無線LANアダプタ等は使えませんのでご注意下さい。

WOL設定手順の説明

まずパソコンからルータの設定画面を表示してください。表示方法はこちらを参照下さい。

詳細設定から高度な設定を表示します。WAN→LAN中継機能を設定変更します。

スポンサーリンク

WAN→LAN中継機能の使用するにチェックを入れます。

接続先:PPPoE広帯域接続設定を作成しているセッション名を選択下さい。(デフォルトはメインセッションが設定されています)

UDPポート番号:7779 変更しても構いませんが設定したポート番号を忘れないようにしてください。

設定が完了しましたら高度な設定ページ一番したの設定ボタンをクリックして作業完了になります。

説明は以上ですが、上記指定のポートを開放してはいけません。

WOLの使い方などはこちらの説明をご覧下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする