RV-440KI ポート開放

RV-440KIVDSL一体型ひかり電話対応のフレッツブロードバンドルータのポート開放説明です。主にマンションにお住まいのお部屋に設置されると思います。こちらの商品はNTTさんからフルサポートを受けることが出来ます。

無線LANワイファイ通信は別途無線カードSC-40NEが必要になります

準備 IPアドレスを固定します

IPアドレス:192.168.1.15

サブネットマスク:255.255.255.0

デフォルトゲートウェイ:192.168.1.1

優先DNS:8.8.8.8

代替DNS:8.8.4.4

IPアドレスを固定できたら必ずパソコンを再起動下さい。

スポンサーリンク

設定画面を表示する

パソコンから設定画面を開きます。http://192.168.1.1アドレスをInternetExplorerのアドレス欄へ入力しEnterキーを押すと以下のログイン画面が表示されますのでユーザー名とパスワードを入力頂くと設定画面を表示する事が出来ます。

ユーザー名は user

パスワードは 一番初めて設定画面開いたときに決めたパスワード

ログイン画面ではなくエラーとなる場合はルータにログインできないページを参照下さい

設定画面が開いたら、必ず最初にメインセッション接続中であることを確認下さい。もしメインセッション未接続の場合は、接続中のセッション番号を確認の上ルータ設定BBSまでお問い合わせ下さい

スポンサーリンク

ポートを開放する静的NAT

静的NAT設定でまずサンプルとしてANHTTPDサーバソフトを導入しポート開放手順を説明します(80/TCP)

詳細設定から静的NATを開き、エントリ1を開きます

静的NAT設定エントリ編集画面が表示されるので下記の様に入力します

  1. 優先順位:1(設定を追加する場合2もしくは3と繰り上がって追加下さい)
  2. 接続インターフェース名:通常はメインセッション
  3. 宛先IPアドレス:192.168.1.15
  4. 変換対象IPアドレス:変更しませんWAN側IPアドレスを指定で構わない
  5. 変換対象プロトコル:TCP
  6. 変換対象ポート:80
  7. 設定

以上で作業完了です

連続するポートを範囲指定する場合

静的NAT設定で連続するポート番号を一括指定することも可能です。FTPポート20番と21番で説明します。FTPサーバはBJDを用いることで簡単にサーバを設置することが可能です

  1. 優先順位:1
  2. 接続インターフェース名:通常はメインセッション
  3. 宛先IPアドレス:192.168.1.15
  4. 変換対象IPアドレス:変更しませんWAN側IPアドレスを指定で構わない
  5. 変換対象プロトコル:TCP
  6. 変換対象ポート:20-21
  7. 設定

以上で作業完了です

その他の説明

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする