RV-A340SE Wake on Lanの設定説明

RV-A340SEを導入しているネットワーク内にインターネット側からWake on Lanを行うことができるようする設定です。WOL関連のソフトウェア等使い方に関しましてはWOL Wake on LANの設定とソフトウェアの使い方をご覧ください。

注意:WOLを可能とするにはパソコン側のBIOS設定を変更する必要があります。また対応していないパソコンに付きましてはWOLを使用できません。またサンプルで指定するUDPプロトコル7779番に関しましては静的NATでのポート開放を行う必要はありません。

WOL設定手順の説明

RV-A340SEの設定画面を表示してください。表示方法は前のページ説明をご覧ください。

詳細設定項目から高度な設定メニューを表示してください。

スポンサーリンク

高度な設定画面にあるWAN→LAN中継機能の使用するのチェックボックスにチェックを入れ、接続先はRV-A340SEの有効な接続先を選択します。通常はメインセッションに設定してあると思います。UDPポートはデフォルト7779番(任意の番号に変更可能)が指定されています。WOLソフトの説明に併せて行う方は変更せずそのままのポート番号をご利用ください。

上記の設定ができましたら、WOLを行う際外部からグローバルIPアドレス宛てもしくはDDNSサービスを利用し取得ドメイン宛てにWOLツールを使ってブロードキャストする事で行うことが出来るようになります。

説明は以上です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする