ウイルスセキュリティのポート開放

ルータのポート開放と併せて、パソコンウイルス対策ソフトやWindowsXP/VISTAにセットアップされているファイヤーウォールと言うポート制限ツールの設定を変更もしくは停止を行わないと、正しくポートがひれいてくれません。

ここではソースネクストさん販売のウイルスセキュリティに付属する不正浸入防止サービスと言うファイヤーウォールの設定変更又は解除の説明をさせて頂きたいと思います。

ご注意。ウイルスセキュリティをXPやVISTAにインストールすると、XP/VISTAに付属する標準のファイヤーウォールも働く事になるので、何れかのファイヤーウォールを停止しなくてはいけません。

ユーザー側のこのみでどちらを停止してもかまいません。もしXPやVISTAのファイヤーウォールを停止する場合は、ファイヤーウォール解除メニューよりXP//VISTAの停止を参照下さい。

ウイルスセキュリティファイヤーウォールの設定

Windows右下にあるウイルスセキュリティの青く丸いショートカットアイコンからメイン画面を表示し、メニュー左にある「不正浸入を防ぐ」メニューを選択します。

ファイヤーウォールの設定変更画面が表示されます。

もしウイルスセキュリティのファイヤーウォールを停止してXP又はVISTA側のファイヤーウォールから例外ルールを適用する場合は、以下の画面にある完全に開放をクリックして確認画面で「OK」をクリックしWindowsを再起動すれば停止させる事が出来ます。

XPやVISTAのファイヤーウォールを停止して、ウイルスセキュリティで例外ルールを作成する場合は「設定」ボタンから設定する事が出来ます。

スポンサーリンク

不正浸入を防ぐ画面の「アプリケーション」項目を開いて、「追加」をクリックします。

上記の追加メニューをクリックすると、アプリケーションの選択画面が表示されます。

ポート制限を解除させたいアプリケーション「ProgramFile」フォルダ等よりファイヤーウォール制限解除するアプリケーションを選択して「開く」をクリックするだけです。

以下の例外ルール適用の画面が表示されるので。「インターネットへアクセスさせる」にチェックが入っているかを確認し「OK」ボタンをクリックして設定完了です。

ウイルスセキュリティファイヤーウォール

元の不正浸入を防ぐ画面に戻ります。念の為追加したアプリケーションが表示されているかを確認して「閉じる」をクリック

以上で例外ルール適用の説明はおしまいです。

もしどうしてもアプリケーション側でポート制限が解除できなければウイルスセキュリティのファイヤーウォールを停止されXPやVISTA標準のファイヤーウォールを有効にして、例外ルール適用から個別のポート番号を指定してポート制限を解除してみてください。最悪両方停止されて、問題を解決された上で後から有効化して正しく設定すればすばやく作業は完了すると思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする