斉藤さんアプリ ポート開放

ポート開放ソフト ツール

問い合わせが多い斉藤さんアプリのポート開放手順の説明です。まずこちらのインターネット(ポート開放出来ないインターネット)ご利用の方は、プライベートIPアドレス割り当て契約なので、自宅のインターネットに繋いでもご利用頂けません。ご契約インターネットを調べる場合はホスト名確認を参考に、管理人kagemaruにBBSまで気軽にご質問下さい。

ポート開放する前にまず、スマートフォンやタブレットを自宅のWi-Fiに繋いで下さい。以下幾つか当サイトに掲載のWi-Fiつなぎかたルータ別説明の手順をご覧頂ければ、簡単にセットアップできると思います。 また該当のページとは別に型番別ポート開放設定もありますので、このページに資料ない場合はそちらの方を参考に設定してください。

スポンサーリンク

斉藤さんアプリのポート番号を設定する

アプリを開いて(本体の詳細ボタンを押す必要があるかもしれません)、”設定・その他メニュー”を開きます。図のポート番号を8080辺りに固定してください。ただ、プロトコル種別が公式サイトにも説明がないので、一般的なVoIPプロトコルならUDPだけでいいのですが、念の為TCP側も両方8080のポート開放設定をして下さい。(備考、ポート開放しても通話出来る保証は出来かねますのでご了承願います。)

スマートフォンのIPアドレスを固定します。

上記を参考に接続先無線ブロードバンドルータ別にIPアドレスを固定します。

まずバッファローのルータの設定です。

IPアドレス192.168.11.30

サブネットマスク255.255.255.0

ゲートウェイ192.168.11.1

DNS192.168.11.1

スポンサーリンク

以上を元に例WZR-HP-G450Hを参考にルータの設定画面を開いて、ポート変換設定画面で以下の設定を一つ追加すればサーバを開始できます。

  1. 新規追加、saitou1
  2. プロトコル右側任意のTCPポートを選択
  3. 任意のTCP/UDPポートは8080
  4. LAN側IPアドレス192.168.11.30
  5. 新規追加

今度はUDPプロトコル側を追加します。

  1. 新規追加、saitou2
  2. プロトコル右側任意のUDPポートを選択
  3. 任意のTCP/UDPポートは8080
  4. LAN側IPアドレス192.168.11.30
  5. 新規追加

以上です、ポートチェックはしなくて良いです。通話改善あればポート開放できていると判断下さい。どうしてもチェックしたい場合はPS3 Wii 3DS スマホ PSVITA ポートチェックする方法を参考にご確認頂けます。

NTTブロードバンドルータなのですがとりあえずIPアドレスは以下のように固定します。

IPアドレス192.168.1.25

サブネットマスク255.255.255.0

デフォルトゲートウェイ192.168.1.1

優先DNS192.168.1.1

代替DNSは空欄で構いません。

ルータ別の設定ですが型番の後ろにNEが付加するモデルであれば概ね同じ静的IPマスカレードから設定を行うことができます。例PR-400NE

  1. エントリ右側編集より
  2. 変換対象プロトコルTCPを選択
  3. 変換対象ポートは8080
  4. 宛先アドレス192.168.1.25
  5. 設定
  6. 前のページに戻る
  7. 追加したエントリに必ずチェックを入れて
  8. 保存

次にUDP側を追加します。

  1. エントリ右側編集より
  2. 変換対象プロトコルUDPを選択
  3. 変換対象ポートは8080
  4. 宛先アドレス192.168.1.25
  5. 設定
  6. 前のページに戻る
  7. 追加したエントリに必ずチェックを入れて
  8. 保存

NTTルータの型番の最後にSEが付加するもでるなら静的NAT設定から以下の通りです。例RT-S300SE

  1. 優先順位1
  2. 接続インターフェース名は通常変更しません。
  3. 宛先IPアドレスは192.168.1.25
  4. 変換対象IPアドレス、自分のWAN側IPアドレス
  5. 変換対象プロトコルはTCPを選んで下さい
  6. 変換対象ポートは25565
  7. 設定

以上で作業完了です

auやイー・アクセスでAtermルータご利用時の設定サンプルです。例、BL900HW

IPアドレスは192.168.0.80

サブネットマスク255.255.255.0

ゲートウェイ192.168.0.1

DNS192.168.0.1

固定出来たら次の二つを追加して作業完了になります。

  1. LAN側ホスト192.168.0.80
  2. 変換対象プロトコルTCPを選択
  3. 変換対象ポートは8080、右側は空欄で構いません
  4. 優先度1
  5. 設定

  1. LAN側ホスト192.168.0.80
  2. 変換対象プロトコルUDPを選択
  3. 変換対象ポートは8080、右側は空欄で構いません
  4. 優先度2
  5. 設定

簡単ではありますが説明は以上です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする