Windowsのファイル共有したり内蔵・外付けHDDまたはUSBストレージファイルをシェアする方法

Windowsパソコンが余っていたらパソコンをNASの様にLAN内でファイルやデータを簡単に共有させる事ができとても便利なネットワーク環境の構築説明です。

ポート開放含めLANの仕組みを勉強する為に家庭内ファイル共有環境を構築してみましょう。

例えば、ファイル共有パソコンにスマートフォンで撮影した動画や写真データもしくは購入した音楽データやビデオデータを保存して置くことでご家族または社内で手軽に閲覧して楽しむ事ができる様になります。

新しいアカウントを作成する

ファイル共有するパソコンにパスワード付き新規ログインアカウントを作成します。そうしないとLAN側からファイル共有アクセスパソコンにログインする事ができない為。

Windowsの新しいアカウントの作り方は基本的に同じだがコントロールパネルの画面の出し方が異なるので次の手順を参考にコントロールパネルを表示して下さい。

VISTAと7は「スタート」から「コントロールパネル」を表示できます。

補足、XPはアカウントを作成しなくてもファイルを手軽に共有可能です。

Windows8/8.1/10はそれぞれ次の手順を参考にコントロールパネルを開いて下さい。

コントロールパネルが開いたら「アクセス用アカウント」を作成するのでユーザーアカウントを開きます。

メニューはほぼ同じですがWindowsのバージョンによって微妙に異なる。

Windows10/8/8.1のファイル共有用ローカルユーザーアカウント作成方法

Windows10/8/8.1は「ユーザーアカウント」メニュー。

20170114001

更に「ユーザーアカウント」を開きます。

Windows10/8/8.1の画面メニューの場所。

20170114008

次にWindows10/8/8.1は「PC設定で新しいユーザーを追加」を開きます。

201701140016

「その他のユーザーをこのPCに追加する」を開きます。

201701140026

「このユーザーのサインイン情報はありません」を開きます。

201701140027

「Microsoftアカウントを持たないユーザーをついかする」を開きます。

201701140028

ファイル共有用のローカルアカウントとパスワードを作成します。

「このPCを使うのはだれですか?」には任意のアカウント名を入力します。例share

パスワードはファイル共有アクセス用パスワードです。任意の忘れにくいパスワードを入力。

パスワードのヒントは任意。空欄でも良いです。

入力できたら次へ。

201701140029

ファイル共有用のアカウントが追加できたら準備完了です。ファイル共有フォルダ設定をご覧ください。

201701140030

WindowsVISTA/7のファイル共有用ユーザーアカウント作成方法

WindowsVISTA/7の画面メニューの場所。

7/VISTAは「ユーザーアカウントと家族のための安全設定」メニューを開いて下さい。

20170114009

201701140011

WindowsVISTA/7は「新しいアカウントの作成」を開きます。

201701140015

入力された名前がようこそ画面と[スタート]メニューに表示されますと言うすぐしたの空欄に「share」(任意のユーザー名)を入力します。

標準ユーザーにチェックのまま「アカウントの作成」を選択してください。

201701140020

元の画面に戻るので作成した新しいアカウント(例share)を開きます。

201701140021

左メニューに「パスワードの作成」を開きます。

201701140022

忘れにくいパスワードで良いので新しく作成したアカウントにパスワードを設定下さい。パスワードのヒントは任意です。設定出来たら右下「パスワードの作成」ボタンを選択して準備完了です。

201701140023

ファイルを共有するフォルダ又はデバイスを設定する

パソコン内蔵HDDにファイルやデータを共有するフォルダを設定するかUSBフラッシュメモリやHDD等の外部でバイズをファイル共有ドライブとするかを設定します。もちろんいくつも共有フォルダまたはデバイスを設定できますので色々お試しください。

Windows10/8/8.1のユーザーは「フォルダー又はメニューのエクスプローラー」を開いて下さい。

20170117001

Windows7/VISTA/XPのユーザーはマイコンピューターを開きます。

20170117002

エクスプローラー画面またはマイコンピューター画面が表示されたらCドライブを開いて下さい。練習の為にサンプルとなる共有フォルダを作ってみましょう。

20170117003

Cドライブが開いたら空白の場所を右クリックするとメニューが表示されるので「新規作成」を選んで「フォルダ」を選択します。

20170117004

新しいフォルダが作成されるのでフォルダ名を「ファイル共有」としてしまいましょう。

20170117005

スポンサーリンク

作成した「ファイル共有」フォルダを右クリックし「プロパティ」を開きます。

20170117006

プロパティ画面が開いたら共有タブを開いて下さい。開いた画面の「共有」ボタンを選択。

補足、XPパソコンはこれで設定完了です。XP以外のWindowsはユーザーを追加しなければならないので引き続き設定を完了させて下さい。

20170117007

次の画面で名前を入力して追加をクリックするか、または矢印をクリックして相手を検索してくださいのすぐ下の空欄にファイルアクセス用に作成したアカウント名「例、share」と入力して「追加」ボタン選択します。

20170117008

ファイルアクセス権限一覧に追加したアカウント名「例、share」が追加されます。指定したファイル共有フォルダのアクセス権限「読み取り専用」(共有フォルダにデータを外部端末から追加できない)とするのか「ファイルを追加可能な読み取り/書き込み」(ほぼフルアクセス可能で上書きも可能。)とするのかを選択します。後でも変更可能です。選択したら「共有(H)」ボタンを選んで下さい。

これで設定完了です。

20170117009

USBドライブなど全てのデバイスを共有する

Cドライブでは無くUSBメモリやHDD全てを共有したい場合は次の手順で共有させる事ができます。

上説明と同じ手順でマイコンピュータ画面を開きます。

共有したいドライブ名を右クリックして「プロパティ」を開きます。

201701170010

共有タブを開き「詳細な共有」ボタンを選んで下さい。

201701170011

開いた画面の「このフォルダを共有する」にチェックをいれます。

201701170012

「アクセス許可」ボタンを選んで下さい。

201701170013

開いた画面の「追加」ボタンを選んで下さい。

201701170014

選択するオブジェクト名を入力してくださいの下にある空欄にファイル共有用に作成したアカウント名「例、share」と入力して名前の確認ボタンを一度クリック。

201701170015

以下の用に反映したら設定完了なので「OK」ボタンで閉じます。

201701170016

共有アクセス許可画面に追加したアカウント名が表示と選択されている事を確認し、その下のファイルアクセス権限のどれを許可するのかをチェックを入れて設定すれば完了です。フルコントロールはファイルの書き込みも削除も可能と言うことになる。

201701170017

ファイル共有パソコンにアクセス

ファイルを共有するパソコンのIPアドレスを調べます。

IPアドレスの確認方法を参考にお調べ下さい。

ポート開放に必要なパソコンのローカルアドレス(プライベートアドレス)を確認する手順の一覧です。 インターネット間通信(WAN/ワイドエ...

IPアドレスを調べたら、マイコンピューター画面を開いて次の用にファイル共有パソコンのパスを入力してEnterキーを押します。

円マーク円マーク(キーボード右上にあります。英語キーボードでしたら逆スラッシュの様なキーです「\」)ファイル共有パソコンのIPアドレスを入力。

例、\\192.168.1.21

201701170018

201701170019

もしくはファイル名を指定して実行の項目からもファイル共有パソコンへアクセスする事ができます。

201701170020

ログイン画面が表示されるのでファイル共有用に作成したアカウント名とパスワードを入力してログインすると設定したファイル共有フォルダやドライブへアクセスする事が可能になります。

201701140031

Windows10の初期設定でホームグループ共有を有効にした場合「log」と「Users」と言う共有フォルダが出現します。使っていただいても特に問題ありません。その他任意にファイル共有にしていしたフォルダが表示されるので「例、ファイル共有」そちらを開いて運用する流れになります。

201701140032

次回から\\192.168.~と言うパスを呼び出す操作を省略したい場合は、上の画像の状態にファイル共有フォルダを開いて頂いて次の操作を行って下さい。

201701170020

ネットワークパス入力省略する

ファイル共有するフォルダを右クリックして頂いて「ネットワークドライブの割当」を選択します。

201701170021

ネットワークドライブの割当確認画面はデフォルト設定のままで良いので「完了」を選択します。

201701170022

以上で作業完了です。次回から\\192.168.~とパスを呼び出さなくてもマイコンピューターを開くとファイル共有ドライブとして登録されているので簡単にアクセスする事ができるようになります。

201701170023

説明は以上です。もし上手くファイル共有できなければコメント欄にご質問下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする