Windows 8 プライベート パブリック ネットワーク切り替え方法

Windows 8のネットワークをセキュア(安全な)な接続させるパブリックネットワーク説定と、ファイル共有を目的とした家庭内利用をメインに構築するプライベートネットワークの説定変更方法の説明です。備考、パブリックネットワークは公共の場所での通信や、ファイヤーウォール機能の無いPPPoE含むグローバルIPアドレス通信をするときに選択しますので、ルータ以下にあるパソコン環境でパブリックに設定するとポート開放できない問題が生じる場合があります。もしもプライベート/パブリックネットワークへ切り替えもしくはその逆に切り替えられたら、ファイアウォールを初期化した方が望ましいです。

スポンサーリンク

手順

トップ画面、デスクトップ画面どちらでも良いので、画面右下にマウスのカーソルをあわせます。メニューが表示されるので、ギアみたいな設定アイコンをクリックします。

ネットワークアイコンをクリックします。

画面右上の方にネットワークメニューがあるので、パソコンの方は右クリック、タブレットの方は長タッチします。

共有のオン/オフを切り替えるを開きます。

スポンサーリンク

以下の二つのネットワーク設定メニューが表示されます。

  • いいえ、共有をオンにせずデバイスに接続しません。これはセキュアなパブリックネットワーク設定です。駅、新幹線、公共の場所でつなぐ場合に選択します。
  • はい、共有をオンにしてデバイスに接続します。これはプライベートネットワーク設定です。家庭内ルータ以下でご利用の場合で、ポート開放する場合やファイル共有する場合はこちらを設定します。

設定を切り替えたら、特にポート開放する場合はファイアウォールを初期化して下さい。

説明は以上です。

Windows8ネットワーク関連説明

8.1の説明

Windows8.1は8と殆ど同じなのですが、ネットワークの設定項目だけ異なります。セキュアな環境に切り替えたい、ポート開放出来る環境にネットワーク設定を切り替える場合は以下の説明をご覧ください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする