Windows 8.1 プライベートとパブリックネットワークの切り替え方法

Windows8.1からネットワークの場所(Windows7/8の場合はホームネットワークとパブリックネットワークと説明させて頂いてました)環境が基本的にプライベート(プリンターやデータ共有可能設定)が適用されているのですが、セキュアなインターネットを行うことが出来るパブリック設定も可能です。但し、ネットワークの場所設定がパブリックである場合ポート開放に一定的な制限が発生するのと各種パソコンウイルス対策ソフトのトラフィックスキャンコントロールに問題を生じる事があると思われますのでもしもWindows8.1でポート開放できない問題がある場合はネットワークの場所をホームに切り替えて再試行お願い致します。

ネットワークと共有センターで確認できるのですがネットワークがパブリックの状態だとポート開放できなかったりローカル環境でデータの共有フォルダが使えなかったりします。

備考、CATVモデムに直結している、フレッツ等でPPPoE広帯域接続で直接インターネットに繋いでいる場合はセキュアなネットワーク環境パブリックネットワークが推奨です。WAN(ワイドエリアネットワーク)でのデータ共有環境は情報漏えいウイルスの侵入原因となってしまいます。

スポンサーリンク

ネットワーク設定の確認手順

Windows8.1のネットワーク設定がプライベートなのかパブリックなのかを確認する手順の説明です。まず、コントロールパネル画面をしてください。Windows8 ネットワーク接続画面の表示方法に説明させて頂いてます。またはデスクトップ画面の左下Windowsアイコンの上を右クリックからコントロールパネルを開くことが出来ます。

コントロールパネルが開いたら、ネットワークとインターネットメニューを開きます。

次に、ネットワークと共有センターを開きます。

ネットワークと共有センターにあります、ネットワークの項目が”プライベート”であればポート開放やサーバ開始設定に問題のないネットワークの場所設定となります。

プライベート/パブリックネットワーク切替方法

プライベートネットワーク(旧ホームネットワーク)、パブリックネットワーク(セキュア、安全な通信)に切り替える手順の説明です。ホーム画面またはデスクトップ画面のどちらの状態でも構わないので、画面右上又は左下隅にマウスのカーソルをおいてください。図の様にメニューが表示されるのでギアの様なアイコン設定をクリック又はタップします。

設定アイコン拡大図です。

スポンサーリンク

設定を開くとメニュー一覧の下に”PC設定の変更”メニューがあるのでそれをクリック又はタップして開きます。

PC設定の”ネットワーク”を開いて下さい。備考、もしもメニューが異なる場合は戻るのアイコンをクリック又はタッチしてください。そうすれば同じ画面が出てくるはずです。

ネットワークメニューの”ネットワーク、接続済”を開きます。

デバイスとコンテンツの検索が”オン”の状態であればプライベートネットワーク(旧ホームネットワーク)となり、データやプリンターの共有が可能な状態でLAN無いからパソコンオンパスを開くとデータの共有を行ったりする事が可能です。

デバイスとコンテンツの検索が”オフ”の状態であればセキュアなネットワーク環境となりポート開放出来なかったりする等の問題も生じます。ここのバーをスライドさせてプライベートネットワークとパブリックネットワークを切り替えられます。

デバイスとコンテンツの検索メニューが出てこない場合

上記で説明したデバイスとコンテンツの検索メニューが出ない場合は次の手順でUAC(ユーザーアカウント制御)の設定を変更してください。そすれば表示されます。

重複になるのですがコントロールパネルを開きます。

コントロールパネルのシステムとセキュリティを開きます。

アクションセンターを開いて下さい。

ユーザーアカウント制御設定の変更を開きます。

UACユーザーアカウント制御設定の左側のセキュリティレベルが一番上”常に通知する”の状態だとデバイスとコンテンツの検索メニューが出てこないので上から2番目のセキュリティレベルに変更してOKを選んで保存。これでデバイスとコンテンツの検索メニューが表示されるようになります。

説明は以上です

Windows8ネットワーク関連説明

基本的に8.1は8と同じ操作となるのですが、ネットワーク確認及び切り替え手順のみ異なります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする