WMR-300 ブリッジモードに切り替える方法

バッファローコンパクトブロードバンドルータWMR-300を導入した環境で、二重ルータとなってしまい、NASやWEBカメラの外部アクセスが出来なかったりする場合は、本機をブリッジモードに切り替えれば解決出来ると思いますのでお試し下さい。但し、二重ルータではなくプライベートIPアドレス割り当ての場合は、この手順を見ていただいても解決出来ませんのでご注意下さい。WAN側IPアドレスに説明させて頂いております。

ルータの設定画面を開きます

WMR-300 ポート開放を参照しルータの設定画面を開きます。開いたトップページのかんたん設定&基本情報の一番上にあるこの動作モード情報にあるチェックボックスを切り替えて、ルータ/ブリッジ動作を切り替えられます。

  • ROUTER(ブロードバンドルータ)
  • BRIDGEがブリッジモードでルータ機能無効化の動作とすることができます。

BRIDGEモードにチェックを入れて設定ボタンを選んで作業完了です。ルータが再起動するのでインターネットに繋がる様になるまでには1-2分待って下さい。その上で端末再起動でインターネットへ繋がるかをご確認下さい。

スポンサーリンク

モード切り替えでトラブルが生じた場合

ブリッジモードに切り替えて、インターネットへ繋がらなくなった場合は、初期化して下さい。本当はIPアドレス192.168.11.100のアドレスに自動変更となるので、端末アドレス192.168.11.10/サブネットマスク255.255.255.0に変更して設定画面を開いてWAN側IPアドレスを確認する必要があるのですが、一旦本機を初期化して、Wi-Fiつなぎかたを参考に再度無線LAN接続を行なって下さい。

本機底面にRESETスイッチがあるので爪楊枝等で3秒間長押しで初期化開始されます。5分くらい待ってから念の為パソコンなど再起動でインターネット復元出来るかお試し下さい。

説明は以上です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする