WN-G300R2 DMZ設定

WN-G300R2ブロードバンドルータに繋いでいるプレイステーション3/4や3DSそれにXBOSやPSVITAやWiiUの簡単ポート開放設定DMZの説明です。仮想グローバルIPアドレス通信と言うのが正式な名称でDMZに適用したLAN内の端末はポート番号制限を受けること無く通信が可能となります。ただポートが全て利用できるのでNetBios等が開いてしまいファイルが丸見えになる事故等パソコンだとその懸念はあるものの、ゲーム機ではそこまで心配する必要はありませんので念の為。不正アクセスは大丈夫でしょうか?

DMZ設定

まず適用する機器のIPアドレスを固定して下さい。

任天堂端末基準で説明してます。

IPアドレス:192.168.000.150

サブネットマスク:255.255.255.000

デフォルトルータ(又はゲートウェイ):192.168.000.001

プライマリDNS:192.168.000.001

スポンサーリンク

セカンダリDNS:008.008.008.008(プレイステーション関連はセカンダリDNS不要です。0.0.0.0として下さい。)

固定できたらインターネットに繋がるかを念の為確認下さい

WN-G300R2 ポート開放を参考にルータの設定画面左側のセキュリティを開き、上のDMZメニューを開きます。次の様に設定を追加して下さい。

  1. DMZを有効にするにチェックを入れます。
  2. ローカルIPアドレスは192.168.0.150と入力下さい。
  3. 設定ボタンを選んで保存

以上で作業完了です。これで通信の方が改善されているかNATタイプはオープンに切り替わっているかをご確認下さい。

以上で設定完了です。家庭用ゲーム機ではポートチェックは出来ません目的のコンテンツに問題なく繋がるかをご確認ください。それでも通信状態がよくない場合はping応答出来るように設定を変更頂く必要があるのですが、WN-G300R2ではping応答拒否固定設定になってます(マニュアル99ページ)。ICMPプロトコル番号1番をポート開放出来ません。DMZは基本的にTCP/UDPプロトコル番号をコントロールするものですので、どうしても通信不具合改善しないようであればping応答させる機能を持つバッファロールータに買い替えで対応頂くこともご検討の一つとなると思いま

説明は以上です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする