WN-G54/BBR ポート開放

IOデータ製品のルータWNシリーズ無線LANのポート開放設定説明です。

設定前に二重ルータでは無いかを確認下さい。WAN側IPアドレス確認

設定前に必ずパソコンのIPアドレスを固定を以下の様に設定下さい。(ルータマニュアルでDHCP割り当てアドレス範囲外で設定を行う必要がある為)

IPアドレス:192.168.0.100

サブネットマスク:255.255.255.0

デフォルトゲートウェア:192.168.0.1

DNS:192.168.0.1

セカンダリDNS:無し

注1)もしも上記の様に固定されてネットに繋がらなくなった場合は、プロバイダで提供のDNSへ変更してください。

注2)DMZ設定や特殊アプリで開く場合は特に固定しなくても構いません。

スポンサーリンク

ルータの設定画面を表示

ルータの設定画面を開くには以下のアドレスをInternetExplorerのアドレス欄に入力しEnterキーを押すと設定表示する事が出来ます。

http://192.168.0.1/

ルータへアクセスの際、ログイン画面が表示されるので、ユーザー名にのみadminと入力してログインし、設定画面を表示する事が出来ます。

もしも設定画面が表示できない場合は、こちらのページを参照下さい。

設定手順

スポンサーリンク

まずメイン画面のアクセス制御を選択します。

表示された画面の仮想サーバを選択して設定画面を表示します。

注)ここでは個別のポート開放しか設定できません。

項目:有効(必ず有効にチェックを入れてください)

名前:任意の名前を入力します。例:port

プロトコル:TCP又はUDPを選択。不明の場合はTCPを選んで一度試してください。

LANポート番号:何番でも構いませんが、以下の開放する同じポート番号を指定で良いです。

WANポート番号:開放したいポート番号

サーバIPアドレス:開放したい機器のIPですが、ここでは192.168.0.100で固定化しているので下図の様に指定して見てください。

入力できましたら追加ボタンを押して作業完了です。

DMZ設定

アクセス制御からページを開き、DMZメニューから設定する事が出来ます。

機能:有効に変更され

IPアドレスにポートを全開したいアドレスを入力し、設定ボタンを押して作業完了です。

説明は以上です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする