LAN-W301NR ポート開放

LAN-W301NR、ロジテックから2013年5月販売のパソコンの無いご自宅でも、スマートフォンやPS3からルータの設定が出来る無線ブロードバンドルータです。

特徴と致しましては、無線最大速度はIEEE802.11n方式300MbpsでLAN間通信が可能(インターネットの速度ではありません)。その他、既存のWi-Fi規格802.11b/g方式にも対応。有線側WAN/LAN側は100BASE-TXまで、なのでインターネット通信最大速度は100Mbpsまでとなります。注意点は、フレッツ光ネクストや隼、ギガ光サービス、CATV160Mbpsコースでは使えますが最大速度は100Mbpsまでとなってしまいます。その他、同機種を揃えると、本機をWi-Fiエクステンダーの様に利用することが出来るモードがあります。USBポートは無し。なのでNASやプリンター共有機能はありません。

対応できるインターネット接続サービスですが、基本的にフレッツ全て、CATVインターネット全て、eo光全て、BBIQ等の電力会社提供の光インターネットに対応、YAHOOBBのADSLと光に対応します。その他使い勝手はアマゾンレビューなどが参考になると思います。LAN-W301NR

スポンサーリンク

ルータの設定画面を表示するには

スマートフォンからもパソコンからもPS3(プレイステーション3 ルータの画面を開く方法)からも設定可能です。スマホの場合少し画面違いますが、同手順で設定画面を開くことが可能です。http://192.168.2.1/このアドレスを開きます。ログイン画面が出ますので下記情報でログインして設定画面を開くことができます。

ユーザー名:admin

パスワード:admin

ここからポート開放設定の説明です。無線設定の方はこちらからご覧ください。

準備 IPアドレスを固定する

まずポート開放の説明です。設定するクライアント(パソコンやPS3など)のIPアドレスを固定します。

IPアドレス:192.168.2.70

サブネットマスク:255.255.255.0

デフォルトゲートウェイ:192.168.2.1

優先DNS:192.168.2.1

代替DNS:空欄

固定できたら必ずパソコンを再起動してください。

ポート開放を行う

メインメニューの詳細設定(上級者向け)を開きます。

スポンサーリンク

左下のファイアウォールメニューからポートフォワーディングを開きます。

WEBサーバポート開放設定例

設定例としましてカスタムサービスの追加からWEBサーバのポート開放設定をご覧ください。ポートチェックを行う場合は、ANHTTPDならインストール不要でWEBサーバを動作させてポート開放出来ているかを確認できるので便利です。必要な番号と、プロトコルをそれぞれ変更して任意の設定を作成できます。

  1. ポートフォワーディングを有効にするは必ずチェック入れ
  2. ローカルIP、192.168.2.70
  3. タイプ、TCP
  4. ポート範囲、80(開始位置です)
  5. ポート範囲、80(終了位置です)
  6. コメント、any
  7. 追加

ポート転送リストに追加されます。設定があっているかを確認して、適用を選びます。

更新を選んで、ルータが再起動します。約数十秒程インターネットに繋がらなくなりますが暫く待って、ポート開放できているかを確認下さい。

その他のポート開放設定例

minecraftのサーバ設定例。

  1. ポートフォワーディングを有効にするは必ずチェック入れ
  2. ローカルIP、192.168.2.50
  3. タイプ、TCP
  4. ポート範囲、25565(開始位置です)
  5. ポート範囲、25565(終了位置です)
  6. コメント、any
  7. 追加

ご質問の多いUDPポートの設定です。緋想天10800番で説明します。

  1. ポートフォワーディングを有効にするは必ずチェック入れ
  2. ローカルIP、192.168.2.50
  3. タイプ、UDP
  4. ポート範囲、10800(開始位置です)
  5. ポート範囲、10800(終了位置です)
  6. コメント、any
  7. 追加

設定を追加出来ましたら、UDPポートチェックツールを取得して手動ポート10800と入力し回線チェックして下さい。

説明は以上です。

その他の説明

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする