Aterm WR4500N WEPキー確認方法

Aterm WR4500Nに最初に無線でアクセスする場合に必要なWEPキーの確認手順です。設定完了の後WR4500Nの設定画面を開いて任意の無線暗号化設定を行うことが可能です。

どうしても上手く無線通信させる事が出来ない場合LANケーブルで接続して設定下さい。意味が分からない場合はネットワーク設定出張サポートを有料でご依頼下さい。

WEPキー確認手順

WR4500N本体の底面をご覧下さい。

スポンサーリンク

以下の様に無線機本体の情報を確認いただくことが出来ます。無線で接続するのに必要な情報はSSID番号(接続させる無線親機指定時に必要)と暗号化キー(WEPキー)を確認する事が出来ます。これらをそれぞれ控えて、パソコンやプレイステーション3の無線接続設定の際それぞれ正しく指定します。

注意点ですが、SSID番号によって暗号化指定が異なります。以下のサンプルをご覧下さい。
WARPSTAR-XXXXXX(プライマリSSID) AES

WARPSTAR-XXXXXX-W(セカンダリSSID) 128bitWEP

何々-Wが付属するSSIDを指定することにより暗号化方式WEPキーを指定して設定する事が出来ます。尚暗号化は128bitを指定します。

説明は以上です

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする