WER-A54G54無線LAN設定Wi-Fiつなぎかた

バッファローの下記やや古い機種の無線ブロードバンドルータWER-A54G54無線LAN設定Wi-Fiつなぎかたの説明です。このブロードバンドルータは古いので無線規格がWi-Fiではない可能性もありますので、近年販売されたPS3やPSVITAは無線で繋がらない恐れがあります。一応ファームウェアを最新の状態にしてから設定下さい。。ファームウェアをアップデートしても繋がらない場合はこちらをご覧下さい

本体のAOSSボタンを確認します

ルータ本体の右側に小さなボタンがAOSSボタンです。対応端末の画面指示に従ってこのボタンを長押ししSecurityランプが点滅するばで押して離します。後は自動設定になります。注意事項としましてはこの無線はIEEE802.11aモード動作かのうですが、802.11aは専用の無線LANアダプタしか対応できません。もしも繋がらない場合はIEEE802.11bまたはg固定モードに変更下さい。

上記ボタン位置を確認したら各種バッファロー無線設定を参考にWi-Fi設定を行なってインターネットに繋ぐことが可能です。一応Androidスマートフォンとタブレットも対応するのですがアプリケーションをマーケットからダウンロードできない場合もありますので手動設定をご覧下さい。

スポンサーリンク

SSID名とWEPキーを確認する

アップル製品や一部のAndroid製品は手動で暗号化キー(パスワードとも言う)を入力作業で設定する必要がありますのでここではWEPキー動作モードとSSID名を確認する手順を説明します。設定したら必ずSSID名とWEPキーを控えてWi-Fi設定を行なって下さい。

まずバッファロー無線ブロードバンドルータに繋いでいるパソコンから設定画面を開きます。詳しくはポート開放を参照下さい。設定画面が開いたら右下のAOSS設定情報ボタンを開きます。

工場出荷時に予め設定されているSSIDと暗号化キー(パスワード)を確認することが出来ますが、上の情報は使いません。IEEE802.11aへ接続する情報になるので不要です。下側802.11gの情報が必要になります。

802.11gのSSIDで一応現在使用中となっている項目があればそちらの情報を控えてください。情報が無ければWEP64方式の情報を控えて設定する手順を説明します。

  1. SSID暗号化レベルWEP64の図の例の項目189569F2の出だしの項目を控えます。全部控える必要はありません。
  2. 暗号化キー(パスワード)はキー1番の情報、図の例では745A9471FDこれがパスワードになりますので自分のルータの値に記載あるものを控えて下さい。

控えたら画面は閉じて頂いて大丈夫です。

次に左上のTOPを開いて再度右下のAOSS情報ボタンを開きます。

上記情報を確認したら端末別にWi-Fi設定を行うことが可能です。

各種端末別の説明を参考に設定ください。

スポンサーリンク

  1. AndroidAOSSアプリを参考に設定ください)タブレットの場合はもしかしたら手動の方がいいかもしれません。
  2. iPhone、iPod、iPad(手動設定になります、次のSSIDとKEY説明を確認)
  3. パソコンの方は型番別リンクにある公式マニュアルを参考に繋いでください。
  4. 無線不安定対策勝手にログアウトするなど

Androidスマートフォンとタブレット

AndroidはAOSSアプリを使ってもらったほうが簡単に繋がりますが、もしも手動で設定される場合は下記を参考にして簡単に繋いでもらうことが可能です。設定から無線とネットワークを開きモバイルネットワークからデータ通信を有効にするのチェックを外します。

次に設定から無線とネットワークを開きWi-Fi設定に戻ってWi-Fiにチェック入れ本体設定画面で確認したこちらのSSDI名をタッチ。

パスワードも同様に本体記載のKEYを入力します。こちら

以上でWi-Fi接続設定は完了です

iOS(iPod iPad Iphone)

iOSをWi-Fiで繋ぐ場合はまず3G通信を切ってしまってください。iPhoneを参考

Wi-Fiメニューをタッチします。Wi-Fiは必ずオンとしてください。ネットワークを選択と言うメニューにWi-FiネットワークのSSIDこちら番号をタッチして同項目で確認したKEYをパスワードに入力すれば設定作業完了です。

説明は以上です。その他テレビやビデオレコーダを無線で繋ぎたい方はコンバータが必要です。テレビやビデオを繋いでインターネットを楽しみたいを参照下さい。

通信が不安定になる場合

PS3やAndroidスマートフォンが全く繋がらない場合や通信が不安定になる場合は次の設定を変更してみて下さい。802.11aの無線通信を無効にしてから繋がるかを確認下さい。http://192.168.11.1/をブラウザで開いてユーザー名rootで設定画面を開くことが出来ます。詳細設定を開きます。

無線設定メニューの802.11aの無線基本メニューを開き、無線機能使用するのチェックを外して設定を選んで下さい。これで繋がるかを確認下さい。

上記無線無効化設定を行なっても繋がらない場合。特にAOSSボタンでも繋がらない場合は設定画面の無線設定画面を開きます。

AOSS基本設定の暗号化レベルの802.11g側の暗号化レベルをWEPかWEP64に変更して設定を選んで、その上で再度AOSSボタンで繋いでみて下さい。

上記でも不具合ない場合はもしかしたらルータモデルが古いことが原因の可能性も考えられます。パソコンが問題なく無線に繋がるがやはりスマートフォンやPSVITA等の2010年以降販売の端末が繋がらない場合は相性問題の可能性がありますので買い替えをお勧めします。

無線通信が不安定になる場合の対処方法です。手順はルータの設定画面トップページの無線チャンネルを変更するを開きます。

次の802.11g側のみチャンネルを変更します。他の無線と競合しない後ろの方の番号5/6/7辺りに変更して無線通信が安定するかをご確認下さい。設定から設定完了を選んで作業完了です。

上記を変更しても通信が安定しない場合は恐らく無線の電波問題だと思います。例えば一階から二階に無線接続をさせている場合は不安定になることがあります。PLCアダプターなどに変更をご検討するか、長いLANケーブルで対応するかご検討が必要になります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする