ロジテックエレコムLAN-W300N/Rのブリッジモード切り替え方法

ロジテックLAN-W451NGR

ロジテックLAN-W300N/Rシリーズ共通のブリッジモード(ルータ機能を無効にするアクセスポイントモード)に切り替える手順の説明です。

ブリッジモードにする理由は、フレッツなどでもともとすでにブロードバンドルータ環境があるなどの場合でこの製品を追加して二重ルータになってしまった場合、今まで問題なく利用できていたコンテンツが急に相互通信できなくなったりオンラインのルームに誰も来なくなってしまう現象が生じるのでブリッジモード動作変更して通信不具合を解消させる事が主な理由です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

本体のRT/APスイッチを切り替える

まずルータ本体のRT/APスイッチがありますそれをAPに切り替えます。

AP側にスイッチを切り替えます。この時点でインターネットに繋がらなくなるのですが慌てないで次の作業を行います

WANケーブルを繋ぎかえる

WAN/Internetポートと呼ばれる差し込みにモデムから接続されているLANケーブルを抜きます。下記サンプル図なら白色のLANケーブルの場所、W300Nの青い差込口に差し込まれているLANケーブルを抜きます。

抜いたLANケーブルを、パソコンやPS3等と繋ぐLANポート側どこでもいいので差し込み直しして下さい。これでブリッジモード状態になり二重ルータを解消できます。

もとに戻す場合は上記手順を逆設定してもらえればもとに戻すことが出来ます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする