Aterm WR8300N ルータ機能無効 ブリッジモードの説明

Aterm WR8300Nを元々ルータ環境のある家庭に追加する場合や知らずに二重ルータになってしまった場合の対処方法としてブリッジモードで動作させる手順の説明です。

準備

まずパソコンやその他のインターネット接続対応機器のIPアドレレス取得状態が自動取得となっている事を必ず確認下さい。

またブリッジへ切り替えることで一時的にインターネットに繋がらなくなるのですが慌てずにこのページをよく読んで作業頂ければ簡単に完了する事が出来るので落ち着いてお時間ある時に作業下さい。

スポンサーリンク

ブリッジモードにするには

Aterm WR8300Nの裏側LANケーブルが差し込まれている箇所に小さなスイッチがあります。これをAPに切り替えることでブリッジモードとして動作させる事ができます。元に戻す場合はRT(ルータモード)に切り替えれば元に戻す事ができます。

上記の作業完了出来ましたら、LANケーブルをつなぎ換えてください。

モデムから繋がっているLANケーブルを、通常のパソコンを繋ぐLANの差し込み(LANポート)に繋ぎ換えます。

その上で2分程度してからパソコンをそれぞれ再起動でインターネットに繋がるかをご確認ください。

説明は以上です。尚ブリッジモードにした場合この無線機にポート開放を行う必要はありません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする