スポンサーリンク

ポート開放用IP固定化方法の説明

DHCP払い出し作業が完了頂いている方は、パソコンもしくは機器の再起動を行い払い出し指定したアドレスが割り当てられている場合この作業を飛ばしてポート開放設定作業を行って頂いても構いません。
先ほどCTUに払い出しした固定IP 192.168.24.51を元にパソコンのIPを固定する場合
以下の方法で設定するとインターネットに繋がらない場合はこちらを参照下さい 但し何か無線LAN等を導入されている場合は除きます。無線接続されている場合は二重ルータの可能性がありますこの場合は掲示板に型番をお調べのうえご質問頂けましたら改善方法を回答致します。
Windows2000・XPの固定化説明。
コントロールパネルからネットワーク接続を開き以下のTCP/IPのプロパティ画面を開いてください。
Windows2000・XPのIP固定設定画面表示方法はこちらを参照 その他 VISTA PSP マック


注意!!DNSをプロバイダ指定のものへ変更された際、CTU設定画面が開かない事が判明致しました。
DNS設定は  192.168.24.1(優先のみ) にて設定してみてください。
以下の手順で開放するIPアドレスを固定します。

Windows98/MEの固定化説明。
Windows98/MEのIP固定設定画面表示方法はこちらを参照
IPアドレスを指定にクリックしてチェックを入れ
IPアドレス 192.168.24.51
サブネットマスク 255.255.255.0

DNS設定項目をクリックし
ホスト名 ドメイン名 プロバイダ指定のもの
DNSサーバアドレス プロバイダ指定のものを入力し「追加」をクリック

次にゲートウェイ項目をクリックし
新しいゲートウェイアドレス 192.168.24.1 を入力し「追加」をクリックします。
※もし万が一、デフォルトゲートウェアが、マックアドレス確認時に一緒に確認したアドレスと異なる場合は
192.168.24.1ではなく確認時にお控えいただいたデフォルトゲートウェイを訂正入力してください。

以上で設定完了です、OKクリックして、後はCTUのポート開放作業を行います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました